潔く手放して”今の私”のワンツーコーデが完成 vol.3 主婦 金子敦子さん

ナチュリラ
2017.09.04

vol.1はこちらから

Vol.2はこちらから

ふくらはぎ丈スカートにサヨナラ
足首までのロングスカートが
シックな魅力に

oheso驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_3767A

この春に新調したばかりの「フォグ」のリネンスカートは、
やさしいブルーをセレクト。透け感のある「ル グラジック」の
リネンのプルオーバーとサンダルで、
夏ならではのリラックス感のある着こなしに。

 

金子敦子さんは、さまざまな丈のスカートを試す中で、
昨年、ベストバランスを発見。身長160cmの金子さんは、
身長の半分である80cmのスカートだとふくらはぎが隠れ、
バランスがよく見えるそう。


「試着は必須ですが、それに加え、買うときは毎回丈を測ります。
76cm以上でもふくらはぎが隠れるのでOKですが、
80cm以上ならより大人っぽい雰囲気に」


たとえ色やデザインに惹かれても短い丈は買わない、
という明快なルールで買い物がスムーズになりました。

 

身長✕1/2の80cm丈が
“今の私”のベスト丈です。

 

oheso驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_3694A

どこか懐かしい風情のチェックのプリーツスカートは、
古着屋で見つけた掘り出し物。
コンパクトなサイズ感の「リネン」の白シャツを合わせてめりはりを。
足元は「テバ」のサンダルで、軽快なスカートスタイルに。

 

oheso驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_3422A

「ポイゼ」のスカートはニュアンスのあるグレーベージュ。
足元にかけて広がるフレアが美しい。
「シャツは黒に近いネイビーに。スカートには少しボーイッシュな
テイストを加えて甘さをおさえると大人っぽく見える気がします」

 

oheso驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_3598A

右ページと同じブルーのスカートに
「リネン」のギンガムチェックのシャツを合わせて印象をチェンジ。
「かわいく見える気がして、シャツのボタンは上までとめるのが今の気分」。
丸メガネがコーディネートのスパイスに。

 

 

text:増田綾子 photo:枦木功

『ナチュリラ vol.38』より

 

→その他の金子敦子さんの記事はこちら

Profile

金子敦子

KANEKO ATSUKO

ブログ「命短し恋せよ乙女★50代の毎日コーデ」が大人気。『お母さん、その服なんとかしよ!-毒舌娘のファッションチェック』(飛鳥新社)も好評。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ