深まる秋にぴったり 柔らかな着心地のツイードジャケット

今日のひとしな
2017.09.30

~store room(ストアルーム)より vol.30~

秋になるとツイード調のジャケットが気になり始めます。
テーラードとなると少し堅いイメージでデイリーに着るにはちょっとハードルが高い…。
もっと気軽に着れたらとデザインしたのが、スタンドカラーのような襟で首元に沿う柔らかな印象のジャケットです。

s-30-1

サイズ感も少しゆったり、袖幅のあるシャツやニットでも気軽に合わせていただけます。

s-30-2

生地は経糸にウールを、緯糸に太番手のリネンを掛け合わせた表情豊かなヘリンボンに織り上げました。

s-30-3

仕上げにタンブラー加工を施しナチュラルな風合いにしたことでより着やすくなりました。
同じ生地でベストとスカートもありますよ。
単品使いでも、合わせてコーディネートしても素敵。秋のお洒落はこれだから楽しいです。

s-30-4

深まる秋。大好きな季節です。

 

Text:小林

「a piece of Library」ハンフリーヘリンボンジャケット ¥31.000+tax
着用はライトグレー、その他にライトブラウンの2色展開です。
10月上旬の入荷となります。


[a piece of Library]
2006年よりブランドスタート。“着飾るものではなく馴染んでいく心地良さを体感出来る…ラフなスタンダード。外面のみならず内面にも目を向けたものづくり“をコンセプトに、平面よりも生地の肉感や質感、人の体(骨格)の美しさを生かせる立体裁断でのパターンメイキングを主としています。デザインが特化しているというよりも、シルエットや着心地、素材感にこだわって着る人が主役になるような服作りを目指しています。

 

store roomにとって9月は誕生月。この9月で11周年を迎え、新たに始まる12年目の節目に
このようなお話をいただき、偶然とも言えない素敵なご縁に感謝しつつ、私も含めスタッフ皆で
心を込めてご紹介させていただきました。
物言わない商品のその裏には多くの人の手によって作られていることを、丁寧に伝えていくことの大切さや喜びをより一層感じた日々でもありました。
ご覧いただきましてありがとうございました。
季節が深まっていくこれからの時期、皆様にとって素敵な出逢いが数多くありますように…。

 

←お店の紹介はこちらから

store room(ストアルーム)

オリジナルブランド「a piece of Library」のほか、長く付き合える洋服や小物、アンティーク雑貨など、デイリーユースなアイテムが揃う。「今日のひとしな」の執筆はデザイナーの小林泰子さんほか、スタッフの皆さんがリレー形式で担当。

 

新潟県新潟市中央区上大川前通7番町1237-1 サンシャイン新飯田屋1階
☏025-378-8377
営業時間:11:00-19:00
定休日:月曜日
http://lifewares-web.com/access
https://www.instagram.com/store_room_/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ