柄アイテム&ビビッドカラーをプラスして大人の変化球を 主婦 金子敦子さん

ナチュリラ
2017.11.27

今までは頑なにベーシック一辺倒でしたが、
流行を少しとりいれることで、
ぐんと垢抜けることに気がついたという金子敦子さん。
「柄やビビッドな色をプラスするのがマイブーム。
ほんのりユーモアを加えると、見る人もハッとするし、
それが個性や魅力につながるんじゃないかなと思うんです」

柄&色を1点プラスして変化をつけた
金子さんの着こなしをご紹介します。

+刺し子ストール

店員さんのおすすめで購入した「キャピタル」の刺し子ストールは、
変化球アイテムとして活躍中。
「リネン」のシャツワンピースにチノパンの
いつものコーデにプラスして格上げを。
「丁寧な手仕事のぬくもりが、着こなしに奥行きをそえてくれます」

kaneko_MG_6751A

 

+水玉ソックス

 

「かわいいソックスを履くとテンションが上がる」と金子さん。
“ヒザデルパンツ”をロールアップ、
「アトリエナルセ」の水玉ソックスと
プレーントゥのスリッポンで“ピエロ“風に仕上げて。

kaneko_MG_6956A

 

+赤いスカーチョ

 

印象が強くなりがちな赤のアイテムもリネン素材ならなじみやすい。
「ボリュームのある赤スカートはトップスが
白だと品よくまとまるのでおすすめ。
赤を気負いなくと着れるようになりたい!」

kaneko_MG_6858A

 

+ラメバッグ

 

「ザラ」のシャツ+デニムのブルーコーデに
「アンテプリマ」のラメバッグをアクセサリー感覚で足せば、
デニムスタイルも一気に華やかに。
「チェーンをはずしてクラッチ風に使うのが気分です」

kaneko_MG_6910A

 

たった一つの小物や色を入れることで
全体の印象があか抜けるなら、やらない手はありません。
自分だけの変化球を見つけるのも
おしゃれの楽しみですね!

 

text:増田綾子 photo:枦木功

『ナチュリラVol.39』より

 

→その他の金子敦子さんの記事はこちら

Profile

金子敦子

Kaneko Atsuko

ブログ「命短し恋せよ乙女★50代の毎日コーデ」が大人気。『お母さん、その服なんとかしよ!ー毒舌ムスメのファッションチェック』(飛鳥新社刊)も好評。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ