「困ったときの白頼み」~おしゃれ暦vol.40長月

おしゃれさんコーディネート
2017.09.23

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第40回目です。夏日と秋らしいさわやかな日が交互にやってくる端境期には、サラリと着られるシャツが活躍。白シャツを素敵に着られたら…というのは、永遠のテーマかもしれません。伊佐さんが提案するその着こなし方とは??

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

「私はまだ夏服で大丈夫だよね?」

「今日は暑いしさ。」

 

先日、久しぶりに2人だけで出かけるときの会話。

 

「いやー。。」、と思ったのが顔に出たのか、、

「じゃ、何着ていくか決めて」と騒ぎ始めた。

こうなると何を言ってもヘンテコな言い訳をして

言うことを聞かないので、結局何を着て出かけたか?

考えても全く思い出せない。

 

そんな皆様へ、

困ったら白シャツを着てみてはいかがでしょう。

 

s-IMG_7857

 

アナベルには、シャツの似合わない妻基準でセレクトした、

ハードルの低い高品質なシャツブラウスがいくつかございます。

 

s-IMG_7873

 

シャツの苦手な多くの方が、皆さん同じことを口にする。

「襟がほら、首まで上がってくるでしょう。」

何となく言わんとすることはわかる。

 

s-IMG_7879

 

首が詰まっているのが苦手なのかと聞くと、そうでもない。

いわゆる「羽襟」と呼ばれるものが、顔の周りで存在感を

発揮することを良しとしないようだ。

だから、そんな方たちには「バンドカラー」をお勧めする。

 

 

s-IMG_7889

 

ワイドパンツに合わせるシャツブラウスとなると、

裾の長さやラウンドの角度も重要だ。

インパクトはあるが、目立ちすぎない手仕事の光る刺繍も素晴らしい。

 

 

s-IMG_7915

 

季節の変わり目は、なんとなく一度はジーンズに手が伸びる。

「ジーンズに白シャツ」は、幻想の世界ではいつも自分でも

かっこよく取り入れているのだが、うなされて目が覚める。

 

s-IMG_7918

 

シャツのおかげなのかどうなのか、、

シャツの苦手な妻のほうが、まだ何となくサマになる。

悔しいが僕にはまだ無理だ。

もう少し貫禄が出てきたら挑戦しようかと思う。

 

s-IMG_7907

 

今のところ、妻が好意を示す数少ないシャツの一つ、、

ゴーシュのシャツ。

「大きく見えないのに、ゆとりがある」という。

 

s-IMG_7926

 

シャツの苦手な人も、もちろんシャツが好きな人も納得の、

美しく、正しいシャツ。

シンプルに白シャツを着たい時、こんなシャツがお勧めです。

 

s-コピー

 

凛々しくも女性らしい丸首の白シャツは、

スカートにタックイン。

 

s-IMG_7955

 

シャツはタックインスタイルを取り入れることで、

使用頻度が数倍上がる。

パンツにタックインは難しいという方は、

スカートで取り入れてみてはいかがでしょう。

ボリュームバランスが整って、サマになりやすい。

 

s-IMG_7942

 

少しフェミニンにしてみたいのか?

逆にそれを避けたいのか?

どんなタックインスカートスタイルがいいか?

それによって、スカートや靴を変えればいい。

 

本格的な秋の訪れに、

まずは白シャツに袖を通してみよう。

 

 

刺繍ブラウス:maison de soil ¥20,000+tax

ワイドパンツ:FIRMUM ¥19,500+tax

シューズ:AUTTAA(私物)

バッグ:私物

 

バンドカラーシャツ:ゴーシュ ¥20,000+tax

デニムイージーパンツ:TRAVAIL MANUEL ¥15,000+tax

シューズ:R.U. Anon ¥46,000+tax

バッグ:sono ¥12,000+tax

 

丸首シャツ:ゴーシュ ¥19,000+tax

スカート:FACTORY ¥16,000+tax

シューズ:catworth ¥21,000+tax

バッグ:safuji(私物)

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ