「天窓を見つめながら」~おしゃれ暦vol.41神無月

おしゃれさんコーディネート
2017.10.14

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第41回目です。秋らしい爽やかなお天気に誘われて、お出かけが楽しい季節になりました。暑くもなく、寒くもないこの時期は、おしゃれを存分に楽しめるときかもしれません。これまで思っていた“自分らしさ”をちょっと見直して、新しいものに挑戦するのにもいいときですね。

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

先日、青梅のアンティークショップ「MANSIKKA(マンシッカ)」で

催されたストアライブに赴いた。

お店の前に立つと、山の緑と川のせせらぎが、東京都であることを

忘れさせる最高のロケーションだ。

ライブは、天窓から注がれる自然光が夕暮れとともに暗闇に包まれ、

ろうそくの灯と音楽が鳴り響く、素晴らしいセッションだった。

入り口も開け放たれた状態で進行したライブ中、

暑かった日中では考えられない冷えた風が注ぎ込んできた。

緊張感のある演奏の中、寒いと感じながら持っていたウールの

シャツジャケットを羽織った。

もう、羽織る季節がやってきたのです。

 

s-IMG_8960

 

あの見覚えのあるタートルネックのようなシャツに、

ジャケットのような、カーディガンのような、

あいまいなことが素敵でもある羽織物を羽織る。

 

 

s-IMG_8956

 

ボトムスは個性のある裾ゴムのバルーンパンツを。

 

 

s-IMG_8975

 

個性とは、自己主張のようなもの。

奇抜なものが個性とは限らない。

たまたま僕の個性が少しだけ変わっているだけだ。

 

 

s-IMG_8977

 

 

興味のある扉は、どんどん開けてみればいい。

違うと思ったら扉を閉めて引き返すだけだ。

そのためにお店はあって、試着ができる。

 

s-IMG_8997

 

丈の長いものを秋から羽織るのも今年らしくて感じがいい。

 

s-IMG_9011

 

ひざ丈を基準にしておけば、間違いない。

どんな時代を迎えても、ひるまずに着ていけることだろう。

 

s-IMG_8987

 

普通であることがアダになるスタイリングを何度も

自分自身や妻を通して若いころから経験してきたことが、

今の仕事に繋がっているのだと感じることがある。

 

s-IMG_9023

 

普通であるということは、安心感にもつながるのだが、

一方で、何も感じられない自己主張のない装いにも繋がりかねない。

 

s-IMG_9025

 

きっとその狭間のような場所を探すことができたなら、

とても居心地がいいのかもしれません。

 

 

s-IMG_9038

 

自分では安心感のある「いつもの装い」が、

他人には、「ハッとする装い」に見える狭間。

 

 

s-IMG_9045

 

それを推し量るには、一度攻めてみる必要があるのかもしれない。

いや、もしかするとずっとそれを繰り返すことがおしゃれの近道なのかもしれない。

素敵な音楽を聴きながら、だんだんと日暮れを迎えようとする天窓を見つめ、

そんなことを考えた秋の夕暮れ。

 

 

シャツ:susuri チンカラーシャツ ¥24,000+tax(全スタイリング共通)

ジャケット:ARTEPOVERA ¥19,000+tax

パンツ:NO CONTROL AIR ¥21,000+tax(全スタイリング共通)

シューズ:VIELLE ヌッフ ¥26,000+tax

コート:annabelle オリジナル ETTO COAT ¥59,000+tax

カーディガン:vie ¥20,000+tax

ストール:s.v. oversea ¥8,500+tax

パテントシューズ:catworth ¥21,000+tax

バッグ:私物

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ