フラット靴に合うスカートは、“広がりすぎない長め丈”

【特集】大人のおしゃれに、ほしいもの
2017.10.28

大人になったら……何を着ればいいの⁉︎ という疑問にお答えすべく、ヒールを履かないカジュアルな大人世代に役立つアイテム選びと、その着方のコツを、じっくり96ページにわたってご紹介している『大人のおしゃれに、ほしいもの』。先週発売するやいなや、本当にたくさんの、おしゃれな大人の皆々さまがお手にとってくださったおかげで、早くも重版が決定いたしました! まだご覧になっていないみなさまのために、「無理せず、すっきり」見える服選びのポイントを、ちょっとだけご紹介しますね。


よほどの美脚の持ち主でも、ある程度の年齢になったら、スカート丈はふくらはぎ以上を選んだほうが、断然上品に見えるもの。ぺたんこ靴とバランスがとりやすく、脚のラインも気にならないのがメリット。

Check1

腰まわりはボリュームを抑えて

ウエストがもたついてみえないよう、ギャザースカートなら、落ち感のある素材を選んで。

Check2

タイトすぎず、フレアすぎずが大人に最適

ボリュームが出すぎると、ガーリーに転ぶのでご注意を。“乙女”は気持ちだけに抑えて。

s-_MG_8279

有名セレクトショップでデザイナーやバイヤー、MDなどを経験してきた日本人女性による新ブランド。一見台形スカートのようだけれど、後ろはフレアのシルエットに。揺れるフィッシュテイルの裾がエレガント! 「アンスクリア」スカート¥59,000/アマン

 

トップスをインしても

きれいに決まるシルエット

s-_I9A2072

腰まわりはタイトでも、きれいに広がる裾のおかげで脚のラインが気にならず、対比でウエストがほっそり見えるのもメリット。「アンスクリア」スカート¥59,000/アマン ニット¥19,000/ドレステリア 銀座店 スカーフ¥7,500/ヒューマンウーマン 「レン」バッグ¥15,000/プレインピープル丸の内 「ショセ」シューズ¥33,000/プリュス バイ ショセ

 

広がりすぎないから

長めの丈でもすっきりまとまる

 

タイトな革ジャンはベストバランス

s-_MG_8316

コットンリネン×リネンの切り替えスカートは、黒一色でも奥行き感が。部分使いのギャザーで絶妙なバランスに。ハードな革ジャンで、さらに引き締めて。スカート¥42,000/ヴラス ブラム 目黒店 「マーシャー」ジャケット¥97,000/タトラス ジャパン 「ルミノア」シャツ¥15,000/ジャルダン・ド・ルミノア 「ゴライアス」スニーカー¥11,000/エッセイ ルミネ大宮店

 

ざっくりニットでもウエストまわりがもたつかない

s-_MG_8329

タイトすぎないボックスシルエットがはきやすいスカート。ウエストのラップデザインには、お腹まわりをカバーする効果も。千鳥格子と色を合わせた茶のざっくりニットと、新鮮なブリティッシュ風コーデに。「ミズイロインド」スカート¥15,000/マーコート ニット¥48,000/ヤエカ 「フォブス クラシック」ローファー¥42,000/フットバンクスインターナショナル

 

photo:回里純子(model)、花田梢(still)  styling:矢島千夏子 hair&make-up:渡辺みゆき model:水越日麻(IPSILON)

『大人のおしゃれに、ほしいもの ヒールを履かなくてもきれいに見える服選び』より抜粋

Profile

大人のおしゃれに、ほしいもの ヒールを履かなくても きれいに見える服選び

ナチュリラ別冊

定価:本体1200円 +税 主婦と生活社刊

http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-64088-5

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ