小物やインナー次第で印象が変わるジャンパースカート

おしゃれさんコーディネート
2017.11.12

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.14  晩秋の着こなし


皆さんこんにちは  日曜日のお昼、いかがお過ごしでしょうか。「おしゃれさんコーディネート」11月担当の「Ecru et pousse」松村由紀です。すっかり秋めいて、紅葉もあちらこちらで見頃ですね。あっという間に紅葉シーズンは終わるので その前にお出掛けしなきゃですね!

さて今回は、私のお気に入り、「R&D.M.Co-(アールアンドディーエムコー)」の、コーデュロイのジャンパースカートを使ったコーディネートをご紹介致します。一見、普通のワンピースのようですが……

14-5
あちこちに仕掛けがあるノースリーブのジャンパースカートです。まだこの日は、陽射しが出てポカポカ。寒くなったら、ブラウスの中にもう1枚着込んでも、外に響かないゆったり感。

14-5 (2)
コーデュロイ自体大好きな素材なので、この数年ずっと、冬に1枚ずつアイテムが増えています。

14-6
裾と背中部分に特徴のある1枚です。背中から腰にかけての部分にポッコリ、立体感があるでしょう? そこが、出会った時にツボにはまったのです。前上がりのスカート丈と、張り感がわかりますか?

14-2
14-1
ノースリーブなのも、使いやすいポイント。今回は、中に白ブラウスを着て、軽めにしてみました。ブラウスは「ミナ ペルホネン」。袖にタックがあったり、ふんわりしていたり、特徴があるものが良いかなぁ。

14-3
バッグはリネンのタータンチェックをポイントに。

14-4
デニムを合わせて。

14-7
夕方、風が冷くなってきたら、コートをはおります。

14-8

コートは、お店のアイテムページでも紹介している「Gauze#」のPARAFFIN Favorite Coat 。気に入り過ぎて、クローゼットの中で手に取りやすい位置を陣取っています。

14-10
バッグを「ミナ ペルホネン」のエッグバッグに変えてみました。

14-9
刺繍の存在感がポイントになりますね。

14-11
エッグバッグに変えたなら、足元も女の子らしくタイツとソックスに。デニムとは違う雰囲気になりましたよね。

14-12
冬は、タイツにソックスの重ね履きが好き。


アイテムを1つ、2つ変えてコーディネートの幅を広げて行くのは簡単だし楽しいですね。
「休日の私」スタイルをご紹介致しました。では また来週お会いしましょう。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の穴見春樹さんの一枚。

穴見さん
「おしゃれさんコーディネート」の連載も、
いよいよ残すところあと2回となりました。
これまでご覧下さいました皆さま、
本当にありがとうございます。
どうすれば分かりやすく、楽しく見て頂けるか、
由紀さんと試行錯誤しながら取り組んで参りました。
伝えきれなかった部分もあったかもしれませんが、
毎回とても楽しく撮影をさせていただきました。
あと2回、最後まで精一杯取り組んで参ります。


撮影協力:atelier graine(アトリエ・グレーヌ)

←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ