ロゴセーターが名脇役!

おしゃれさんコーディネート
2017.11.19

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.15  初秋の着こなし


みなさんこんにちは、日曜日いかがお過ごしでしょうか。「おしゃれさんコーディネート」11月担当の「Ecru et pousse」松村由紀です。コーディネートのご紹介も11月で最後になります。今日を入れて残り2回、張り切って参りますね~。

11月の熊本は、朝の冷え込みとは裏腹に日中はポカポカ陽気になったりと、その日の服装に悩む日が多く感じます。そんな時にぴったりの、「R&D.M.Co-」と「Gauze#」「mature ha.」など使ったコーディネートのご紹介をしますね。

15-1
「R&D.M.Co-」のロゴセーターは、展示会で見た瞬間から買うぞーと決めていたので、届くのが楽しみでした。たたんである姿も好きポイントの、英国羊毛のセーター。ニットは、軽くて肌触りがよくて……と選ぶ事が多い中、あえてそれとは逆の、どこか懐かしいセーターの様なところに惹かれました。

パンツも「R&D.M.Co-」。「GREATMANS COTTON GOM PANTS」という名の通り、イギリスの偉人28人が描かれた柄が何とも個性的。「R&D.M.Co-」らしい遊び心たっぷり。冬はタイツやレギンスを下に重ねて、春夏はさらりと1枚でブラウスやカットソーと合わせて着たいな。

15-2
全体を同じトーンにして、個性的な柄物にも挑戦。朝、ひんやりと感じたらインナーにセーターを。その上に「Gauze#」のウールシャツを重ねました。

15-3
気温に合わせて着脱できるマフラーは、この時期欠かせないアイテム。こちらも「R&D.M.Co-」の「SHAGGY TASSEL MUFFLER」。大きな大きなタッセルがポイント。そしてとってもあったかい。

15-4
タッセルの大きさがたまらなく好きだから、後ろ姿も、ほら。

15-5
皆さんは、お休みの日は何をしてますか? 映画を観たり、コンサートへ行ったり。気持ちの良いお天気の日は、外でコーヒーなんか飲むだけでも嬉しくなりますね。

15-6
帽子は3年前から愛用しいてる「mature ha.」の「FREE HAT」。今年、同じカラーが復刻して嬉しかったので皆さんにオススメしたい。形が自由自在なので、コーデに合わせてつぶしたり曲げたり。

15-7
今年はマフラーとフリーハットを一緒にコーデする事が多くなりそう。そのくらいお気に入り。

15-8
足元は、モコモコ厚地を選びました。長年愛用中の「R&D.M.Co-」の「ガラ紡ORGANIC SOCKS」。

15-9
バッグは、レザーの2way。コーデに合わせて巾着仕様にし、カジュアル感を出しました。


***************************

15-10
さて次は、「R&D.M.Co-」のロゴセーターをシンプルに着てみました。ジャケットとパンツは「Gauze#」。帽子は先ほどのコーデにも登場した「mature ha.」。この帽子はボーイッシュにも合わせやすいのです。

15-11
ジャケットとパンツが素材違いでも 黒のトーンが似ているので、セットアップの様です。

15-12
襟の形も、それぞれ好みが分かれますよね。自分にしっくりくる着方を研究するのも楽しいですね。

15-13

今回の「おしゃれさんコーディネート」いかがでしたか? 残り1回、来週も楽しみにしてくださると嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今週の穴見春樹さんの一枚。

穴見
秋風も冷たくなり、ニットやジャケット、コートと

洋服選びが楽しい季節になりましたね。
写真は今回のコーディネートでも紹介している
「R&D.M.Co-」のニットを
ポラロイドカメラで撮影したもの。
色味や、懐かしい写りが好きで、
今でもよく愛用しています。

 

撮影協力:atelier graine(アトリエ・グレーヌ)

←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ