「冬将軍」~おしゃれ暦vol.44霜月

おしゃれさんコーディネート
2017.11.25

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第44回目です。11月もはや後半、冬がやってきましたね。日によっては、ダウンコートでもいいんじゃないの??と思うくらいの寒さもあれば、あれ?今日は意外と暖かい……。まだまだ出かけるときのアウター選びに迷う時季。こんなとき、あると重宝なお助けアイテムや重ね着のテクニックとは??

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

小学5年生のお姉ちゃんは、大人に近い皮膚感覚を持ち合わせている。

小学2年生の男子の皮膚感覚はどうなっているのか?

 

「冬将軍がくるって!」と騒ぎながら、

彼はつい最近まで半袖、短パンで過ごしていた。

 

小学校低学年の男子が、袖付きの洋服を着始めたら、

まさにそれは、冬の始まりです。

 

ウールのコートに手が伸びそうになるのだが、

「11月」という響きが、まだそれをためらわせる。

 

s-IMG_1012

 

ヤクの薄くも温かいセーターで、

もうインナーには “あったかアンダーウェアー” を仕込む季節。

 

s-IMG_1037

 

一日の寒暖差が大きいことを考えると、

早朝と夜遅くに通勤で外を歩く人は、

早くもアウターでダウンやウールのコートが欲しい日もあるのかもしれない。

会社の暖房が暑い人は、インナーは薄いほうが過ごしやすい。

 

s-IMG_1020

 

逆に日中の活動が多い人は、ウールやダウンは、まだ少し大げさな感じがする。

そこは春先と同じで、少し悩ましい。

 

s-IMG_0994

 

ライナー取り外し式のコットンコートの、

ウール素材のライナーをアウター代わりにしてちょうどいいのかもしれない。

 

s-IMG_1007

 

ライナーであるが故、軽くてかさばらない。

カーディガン感覚で使えてしまう。

 

s-IMG_0986

 

巻き物とセットで考えれば、少し冷えてきても十分な暖かさ。

 

s-IMG_1043

 

ある時は、ライナーを。

ある時は、コートのほうを。

ライナーをはずして、裏地付きのコットンコートとして着たら、

今まさにちょうどいいのかもしれない。

 

s-IMG_1048

 

袖裏もあって滑りがいいから、下にジャケットを着てもいい。

着るチャンスを逃していたものが活躍するかもしれない。

 

s-IMG_1061

 

 

色は全体に白っぽく明るいけれど、

コーデュロイやストールでウォーム感は十分だ。

 

s-IMG_1052

 

ライナーを付けたら冬将軍と戦えるのか。

なかなか頼もしい。

 

小学2年生の男子は、僕の着ている洋服はよく観察しているようで、

久しぶりに引っ張り出した洋服には必ず一言入る。

 

「そんな洋服持ってたっけ?」

半袖短パンに言われたくない。

 

 

コート:annabelle ETTO(越冬)コート ¥59,000+tax

セーター:FACTORY ヤククルーネック ¥16,000+tax

パンツ:evam eva コーデュロイパンツ  ¥20,000+tax

靴:R.U. Thea(テア)        ¥38,000+tax

バッグ:sono  sono1(そのいち)   ¥12,000+tax

ストール:yourwear(ユアウェアー)   ¥17,000+tax

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ