昔ながらの製法であったか軽やか「プレーンシャギードッグニット」

今日のひとしな
2017.12.10

~ The Tastemakers & Co.(テイストメイカーズ アンドコー)より vol.10 ~


ウール素材のクルーネックニットは、毎年買い足すほど好きなアイテムの一つ。一枚着るだけでとてもあたたかく、カラーバリエーションが豊富で、選ぶ楽しさもあります。なんと言ってもベーシックなデザインで、どんなコーディネートにも取り入れやすい普遍的なアイテムというところは大きな魅力です。

1
本日ご紹介するのはニットの本場、スコットランドで製作されたシャギードッグニット。シェットランド産ピュアウールを100%使用した、シンプルなクルーネックニットなのですが、その仕上げの方法が実にユニーク。

2
一度編み上げたニットの表面を、植物の「アザミ」のトゲの部分を使って引っ掻き、わざと毛羽立ちを作ります。そうすることで、モヘアのようなフワフワとした表情が生まれると同時に、空気をより多く含む層ができ、保温性に優れたニットが出来上がるのです。

さらに、空気をたくさん含んだことで、厚手なのに驚くほど軽い仕上がりに。実際に重さを計ってみたところ、なんとおよそ300g 。冬のコーディネートは、アウターやマフラーなどでどうしても重たくなりがちですよね。わずかな差ではありますが、冬のウェアを選ぶ上で「軽さ」も大事なポイントのように思います。着てみると本当に軽やかで、柔らかなあたたかさに包まれます。

3
ところで、仕上げの際に使われるアザミ。スコットランドでは国花に指定されているのだそう。仕上げの作業に国花を用いるあたりがなんともヨーロッパらしく、どこか職人さんの心意気のようなものを感じてしまいます。

伝統的な製法で、今もなお作り続けられるシャギードッグニット。まずは一度袖を通してほしい。そんな自信を持ってオススメできるニットのご紹介でした。


text:田代

Shetland Woollen Co. PLAIN SHAGGY DOG CREW KNIT

 

←お店の紹介はこちらから

The Tastemakers & Co.(テイストメイカーズ アンドコー)

ずっと使っていきたいと思うもの、毎日使っていて楽しくなるものを、世界中からセレクトしているライフスタイルショップ。「今日のひとしな」執筆は、田代俊輔さん、三好のぞみさん。
http://thetastemakersandco.com/

 

青山店
東京都港区南青山7-9-1
TEL:03-5466-6656
営業時間:12:00~19:00
定休日:火曜日

 

恵比寿店
東京都渋谷区恵比寿南1-20-3
TEL:03-6451-2666
営業時間:12:00~19:00
定休日:火曜日

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ