おしゃれのカナメ、靴とバッグVol.2 ルノンキュル木村牧子さん

パーソナルスタイリスト木村牧子の美人塾
2017.12.12

kimuraDSC_0595-3A

Vol.1はこちらから

骨格タイプナチュラル・・・

natural


3タイプの中では一番手足の存在感が大きいので、
バッグも靴もおとなしくめだたないとか、
可愛らしいものよりは、
主張のあるほうがバランスがとれます。

 

 バッグのタイプは問いませんが、
大きな骨格に見合う、ある程度のサイズ感かデザインが必要。
華奢でフォーマルな小さめバッグは手足のゴツさが強調されます。
大きめのトートやショルダーなどが
骨格のイメージを和らげてくれつつ、
おしゃれ感を上げてくれます。
斜めがけやリュックなど持ち方もカジュアルだと、
それも良いアクセントとなるでしょう。

 

 靴の場合も同じく、
種類問わずひねりやボリュームが必要。
ブーツ、太いヒール、つま先が尖っている、などがお得意です。
ボトムスがひざ丈スカートやスリムパンツのように
コンパクトな場合は特に靴の主張が必要。
プレーンなフラットシューズのように主張の少ない靴は、
ワイドパンツやマキシスカート、
ボーイフレンドデニムなどのボリュームボトムスに合わせるのがコツです。

 

骨格タイプウェーブ・・・

wave小物にもやはり、甘さ、丸み、上品さが必須。
シンプルすぎるものは安っぽく見えてしまいがち。

バッグならフェミニンなハンドバッグやショルダーバッグ、
小さいトートバッグなどが骨が細く、
柔らかい手にしっくりきます。
カチッとしたビジネスライクなものは違和感があります。
コロンとした形やもこもこ素材などの
ボリューム感ならいいのですが、
たくさん荷物の入る実用重視の大きなものは、
ただの「袋」にしか見えず、汚くなってしまいます。
あくまでも「お出かけ感」を損なわないこと。

 

 靴に関しても同じく、ヒール、ストラップやリボン、
モチーフやラメやファーなど何かしら女性らしい施しが一つは必要。
スニーカーやローファーなどメンズライクなもの、
スポーティーなもの場合は、
タイツやソックスでコーディネートすることで
女性らしい柔らかさを出しましょう。

 

服、靴、バッグ、全部が素っ気なくならないよう注意が必要です。
それぞれのデザイン要素が少々ぶつかり合うくらい、
盛ってあっても大丈夫なタイプです。
もしデザインが寂しければ、
暖色でフェミン差を足すという手段があるので、
お得意の女子カラー小物を持っておくと便利です。

 

 バッグと靴は服より数が少ない分、
あなたのアイコンになり得る存在でもあります。
慌ただしいお出かけ前に小物まで吟味する時間のない場合でも、
本当に自分らしいものだけを揃えておくと、
コーディネートを崩してしまうことはありません。

Profile

木村牧子

KIMURA MAKIKO

「ルノンキュル」主催。関西学院大学卒業後、全日本空輸㈱で国際線CAとして勤務。退職後に転身し、子供の頃から夢だったデザインの道に進む。10数年間グラフィックデザイナー、テキスタイルデザイナーとして色や素材に関わる中で、「装い」や「色」が人の生きるパワーや自信と深く関わることに強く興味を引かれる。色彩学、心理学を学ぶうちに、「見た目」を通して人の内面、生き方を前向きに元気にさせる仕事をしたいと思うようになり、パーソナルスタイリング、イメージコンサルティング、パーソナルプロデュースの仕事を開始。現在は平日はデザイナー、週末はイメージコンサルタントとして活躍中。http://www.renoncule.net

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ