ボトムは3本のパンツ、トップスの温度調整で服選びに迷わない軽やかコーデ~「重い」はもう無理!冬のおしゃれvol.3

ナチュリラ
2018.01.03

大好評発売中!の『ナチュリラ』2017-2018冬号vol.40の大特集、「重い」はもう無理! 軽くてあったか、おしゃれさんの冬コーデ よりあったかいのに着ていてラクチン、おまけにすっきり見える、おしゃれさんたちの着こなしをチラリとご紹介しちゃいます!

 

3日目は、『ナチュリラ』初登場! ご主人とともに和歌山県・白浜町でオリジナルブランドを中心とした「MUYA」を営みデザインを担当する撫養直子さんです。

 

「冬でもあまり厚手のコートは着ないですね。車での移動も多いので、アウターはできるだけ軽くはおれるものを選びます」と撫養さん。暖かさはトップスの重ね着で調整するのだといいます。ボトムは、冬ならこの3本を着まわし!

 s-_L4A0537

s-_L4A0532

s-_L4A0540

ウールパンツ、ワークパンツ、デニムパンツ。形はいずれもシンプルでやや太めのストレートシルエット。素材と色にバリエーションを持たせて変化をつけています。

 

 

こちらは、ウールパンツのある日のコーディネート。

s-_L4A0191

「ムヤ」のコートの下に着たのはボーダーカットソーとウールベスト。

 

「カットソー、シャツ、ニット、ベスト、この4アイテムを、その日の気温でバランスを考えながら組み合わせます」。右上から時計まわりに、「リネン」のニット、「リムホーム」のカットソー、「ムヤ」のストライプシャツ、「リネン」のウールベスト。「基本のボトム3本、どれに合わせても調和のとれる、安心のラインナップです」

 s-_L4A0576

 

色だけでなく、アイテムも自分に似合う形を決めたうえで服の定数を絞ればいいのね! ますます断捨離の必要性を感じる私でした。さて、お正月のお休みも残りあと1日だけ。果たしてすっきりとしたワードローブで仕事始めを迎えられるのか??【編集部・大塚】

 

photo:枦木 功 text:坂本祥子

『ナチュリラ』2017-2018冬号vol.40より抜粋

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ