「ANNE THOMAS」の靴 ~メゾン エ トラヴァイユより~ vol.14

今日のひとしな
2016.03.14

←お店の紹介はこちらから

 

今日は、メゾンエトラヴァイユの姉妹店である「Chronik(クローニク)」から、靴のご紹介をさせていただきます。クローニクは今年1月に移転し、今までよりさらにシックで大人向けのショップになりました。

 

「おしゃれは足元から」。その言葉通り、靴は大事なアイテムです。靴が大大大好きな私が、久しぶりに心揺さぶられるブランドと出会いました。それが「ANNE THOMAS(アン トーマス)」です。

2005年にスタートしたフランスのコンテンポラリージュエリーブランドで、2013年秋冬から靴のラインをスタートしました。アントーマスの靴はグラフィカルでクリアなライン、そして中性的であることが最大の魅力です。

 

しっかりとしたホールド感がありながら、華奢に見えるストラップシューズは、素足で履いてもソックスとコーディネートしても。フラットソールでとても歩きやすく、旅行にも最適です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Kingstown ¥39,000+tax

 

バイカラーになっているポインテッドトゥレースアップシューズ“London”。こちらもフラットソールで履き心地は抜群。メンズライクですが、エレガントな雰囲気も持ち合わせているので、ヒールを履かなくてもドレスアップ出来ます。

s-0001

London ¥41,000+tax

 

丸みを帯びた大きなフラップのついた”BROOKLYN SHOES”。さりげなくインパクトのあるデザインが目を引きます。

s-0000

BROOKLYN SHOES ¥41,000+tax

アントーマスの靴は、エッジの効いたデザインでもありますが、クッション性、革の柔らかさ、汚れがつきにくい素材など、履き心地の良さも配慮されていますので、ぜひみなさんにもお試しいただけたらと思います。

MAISON ET TRAVAIL(メゾン エ トラヴァイユ)

「家」と「仕事」をテーマに、この先ずっと使えるもの、大切にしていきたいものをセレクトしたライフスタイルショップ。古い郵便局を改装した雰囲気のある空間に、雑貨や器、道具が並ぶ。デイリー連載「今日のひとしな」のコラム執筆は、オーナーの谷 奈穂さん。

 

神戸市中央区山本通3-8-1ポルトビル1階

TEL:078-891-3215

12:00~18:30 水曜定休

http://www.maison-travail.info

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ