あらたまった場面にも!「ミズイロインド」のコクーンワンピース

“おしゃれの名脇役”に会いに行く!
2018.01.15

名作と呼ばれる映画には、必ずといっていいほど実力派の脇役が存在するもの。それは、おしゃれも一緒です。一見何げないのに、実は丹念にこだわって作られたアイテムたちは、主役を引き立てるための十分な腕前を持ち合わせています。この連載では、そんな“おしゃれの名脇役”にスポットライトを当て、王道のものから隠れた逸品まで、幅広くリポートしていきます。


 

 デザイナーの川原さんが、子どものころから好きだった色が“水色”。理屈なく好きでいられる服を創り続けたいという思いと、インダストリーを意味する“ind”から名づけられた「ミズイロインド」は、2004年に誕生しました。店内には、リラックス感と洗練ムードが同居するレディースウェアがたくさん揃っています。

今回は、2年前から定番として継続されているワンピースの人気の秘訣にフォーカス!

otona_MG_9509

「ミズイロインド」ワンピース各¥15,800

※商品の価格は2018年1月現在のもので、表示は税抜きです。

 ハンガーに吊るしているだけでも構築的なシルエットが確認できますが、トルソーに着せてみてよりわかるのは、その美しいコクーンライン。

otona_MG_9512

「ただゆったりしているだけではなく、計算されたフォルムなので、上品な大人っぽさを演出してくれます」とは、PRの方。

「このワンピース、前からはもちろん、どの角度から見てもきれいなんですよ。たとえば、この少し斜めの角度とか……」

otona_MG_9526

「おなかまわりの見え方が心配になる真横も、このようにエレガントに魅せてくれます」

otona_MG_9529

全体がゆるく見えすぎないのは、袖をすっきりさせることでメリハリをつけているから。

「ドロップショルダーが、気になる二の腕をカバーしてくれるのもうれしいところです」

otona_MG_9574

立体的なパターンに加え、しなやかさとハリ感、ほんのり光沢もあるのが“高見え”するポイント。

otona_MG_9569

ルックスのよさだけではありません。

着脱がしやすいよう、後ろの首回りにはシェルボタンが配されていたり

otona_MG_9545

さりげなくポケットが施されていたりと、うれしい機能も!

otona_MG_9550

「きちんと感があるので、パーティやお子様の卒業式、入学式といった特別な行事用として購入される方もいらっしゃいます。お洗濯ができてシワになりにくいので、旅行に持っていくのもおすすめです」

普段着としてはもちろん、オケージョンシーンでも映えるワンピースは、一着あると大活躍してくれそう。

また、春の定番として人気が高い、カジュアルなコットンジャージ素材のワンピースにも注目。

otona_MG_9559

「ミズイロインド」ワンピース¥9,800 ※写真のネイビーのほかブラックもあり。

着心地がいい微光沢な素材とボートネックで、さりげなく女性らしさを引き出してくれます。

 一枚でさまになるコクーンワンピース、気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

 

photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

マザーズインダストリー(ミズイロインド)

TEL  03-6804-1047

オンラインストア https://marcourt.jp/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ