あなたにとって100点満点の服 Vol.1 ルノンキュル 木村牧子さん

パーソナルスタイリスト木村牧子の美人塾
2018.02.13

kimuraIMG_2107-2 (1)A

 

 

 

コンサルティングやセミナー、このコラムでもパーソナルスタイリングの考え方、
つまりその人に「似合うおしゃれ」とはどういうことかをお伝えしています。

 

おもに基本となるのは

1.パーソナルカラーに合った色

2.骨格タイプに合ったデザイン・シルエット・素材

3.顔立ちや体格に合ったイメージ

この3つです。

 

これを基に、服選びやヘアメイクをすることで、
おしゃれ度はアップし、
お金や時間の無駄もなくなるはずです。
「はず」と言いますのは、
残念ながら、実際はそういう風に
生かせていない人もいらっしゃると感じるからです。

 

今回はパーソナルスタイリングの考え方がわかっても、
実際はうまく生かせない人のためにお話したいと思います。

 

「理想の服は店頭にはない」

 

ジャケットを買いに行くとしましょう。
自分に似合う色、襟や袖の形、袖や裾の長さ、フィット感、素材、柄を探します。
果たしてすべてを満たすジャケットはあるでしょうか?
その人のタイプにもよりますが、
見つからないことも多いでしょう。

 

自分のパーソナルカラーの色見本を持って、
春らしいイエローのニットを買いに行くとします。
色見本と同じイエローは売っているでしょうか?

 

自分に似合う服がどんなものかわかって探しても、
完璧なそれが売っていることは実際にはないものです。
うまく出会ったとしてもせいぜい80点くらい?
その人のタイプや売り場の傾向によっては
60点、70点くらいかもしれません。

 

100点満点のものは売っていないと割り切っちゃいましょう。
着こなしで100点に近づければいいのです。
パーソナルスタイリングとは、服を選ぶ目だけではなく、
60点や70点の服を100点のおしゃれに自分で引き上げるための技です。

 

何を組み合わせると自分らしくなるか、
足りないのはどんな要素か、
長さやシルエットはどうアレンジすればいいか。
組み合わせや足し算引き算で、
限りなく100点に近づけることができます。
似合うものと好きなものが異なる人も、
この技があれば、好きなものを着こなしやすくなります。

Vol.2に続く

Profile

木村牧子

KIMURA MAKIKO

「ルノンキュル」主催。関西学院大学卒業後、全日本空輸㈱で国際線CAとして勤務。退職後に転身し、子供の頃から夢だったデザインの道に進む。10数年間グラフィックデザイナー、テキスタイルデザイナーとして色や素材に関わる中で、「装い」や「色」が人の生きるパワーや自信と深く関わることに強く興味を引かれる。色彩学、心理学を学ぶうちに、「見た目」を通して人の内面、生き方を前向きに元気にさせる仕事をしたいと思うようになり、パーソナルスタイリング、イメージコンサルティング、パーソナルプロデュースの仕事を開始。現在は平日はデザイナー、週末はイメージコンサルタントとして活躍中。http://www.renoncule.net

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ