「原点」~おしゃれ暦vol.51弥生

おしゃれさんコーディネート
2018.03.10

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ・第51回目です。いよいよ3月の始まりです! まだまだ三寒四温のくり返しではありますが、心機一転・新たなスタートの春にしたいですね。

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

先日、「はいいろオオカミ+西別府商店」の西別府さんに在店販売していただいた際、彼は白いオリーブを物珍しそうに見ている僕に近寄り、こんな話をしてくれた。

 

「そのオリーブも原種なんですが、白く見える部分は、油なんです。その花の種は、高熱を与えられないと出てこられないので、その白い油をこすり合わせて、自ら山火事を起こすんです。そして、子孫繁栄をするんです。」

 

彼が原種にこだわる理由は、そういったところにある。もともと植物が生存してゆくために備わった神秘的な力を持つ原種に、とても魅了されるのだという。

 

そんな話を聞くと、自身が子供のころ、どんな大人に憧れていたか?

友人とどんな未来を語り合ったか?

今の自分は大丈夫か?

そんなことを考える。

春はそういう季節なのかもしれません。

 

s-IMG_7276

 

大切な初めの一歩。

しっかりとした意思をもって、

思い切りよく元気に踏み出せたなら、

どんなに素敵なことか。

 

s-IMG_7294

 

季節の花のコサージュが、

シックな装いを晴れやかなものにしてくれる。

 

s-IMG_7309

 

式典の装いでは、配慮したいことがいくつかある。

主役はだれか?

式典と色合いはマッチしているか?

卒園卒業より、入園入学のほうが明るくていい。

 

s-IMG_7254

 

小物使いに迷ったけど、

入学式は、コサージュもつけて、ネックレスも大胆に。

ニュアンスのある、ジュージェイのアクセサリーは、

こういう時、とても心強い。

 

s-IMG_7246

 

派手過ぎず、地味すぎず。

お気に入りを身にまとえば、

きっと自然な笑顔がにじみ出る。

 

s-IMG_7297

 

自然なその笑顔が、

水の波紋のように広がればいい。

 

s-IMG_7281

 

春がその始まりになればいい。

 

ジャケット:susuri ボルトインシャツ for annabelle ¥33,000+tax

ワンピース:ミイワンピース for annabelle ¥40,000+tax

シューズ:AUTTAA ¥41,714+tax

カバン:Teha‘amana ¥26,000+tax

アクセサリー:ジュージェイ ¥5,720+tax

生花のコサージュ:西別府商店

 

※アクセサリーとコサージュは、先日の式典フェアで限定販売したものです。現在は、販売しておりません。

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

 

 

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ