顔うつりのいいアクセント小物【前編】:香菜子さんの初夏コーデvol.3

ナチュリラ
2018.05.23

←「顔うつりのいい色は濃紺」の記事はこちらから

服の色合いのほか、小物を使うことで自然と目を引き、明るい印象に仕上げることができます。さりげない存在感だからこそ、その顔うつりのよさの効果は抜群。「なんだか顔まわりがさみしいな」というときにお試しあれ。

●ターバン
kanako18S-106
kanako18S-057

おでこを出すと、それだけでキリリとした印象。そこで、古着店のワゴンで見つけたスカーフを、ラフに巻いてターバンに。明るいけれど派手すぎない色をセレクト。

●イヤリング
kanako18S-093
kanako18S-059

濃い色の服を着たときは、やや大ぶりのコットンパールでアクセントを。「ちょうどいい大きさのイヤリングがなかったので、数百円のパーツで手作りしました」

●リップ

kanako18S-085

kanako18S-061
薄くさりげなくつけがちな口紅だけれど、アクセサリーをしない日は、あえてしっかり濃いめにつけることで、上品な大人っぽさが。「シロ」のリップは、気軽に指でつけられるので、濃さを調整しやすく便利。

 

photo:加藤新作 text:福山雅美 「ナチュリラ」vol.41より

←その他の香菜子さんの記事はこちらから

←その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

 

Profile

香菜子

kanako

モデル、イラストレーターとして活躍する傍ら、ホテル備品をイメージしたブランド「ヴィルヘルムス」を主宰。著書に『香菜子さんの服えらび。』(主婦と生活社刊)など。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ