「RECTHALL(レクトホール)」廣田佐知子さんの春服

ナチュリラ
2018.03.16

今日から1週間、雑貨店おすすめの春コーデをご紹介します! 「今日のひとしな」に登場した東京近郊のライフスタイルショップや雑貨店に、再度お邪魔して撮影してきましたよ。さらに詳しく知りたい方は、「ナチュリラ」春号をご覧ください!

 

東京・恵比寿のライフスタイルショップ「RECTHALL(レクトホール)」。1、2階ともに、大きな窓から光が差し込みます。

180206_0206
商品が並べられたテーブルも、さりげなく置かれた椅子も、すべてが購入できる“商品”です。さらに、靴やバッグ、服を見て気がつくのは、どれもメンズ、レディースに分かれていないこと。そのほとんどが、豊富なサイズ展開によりユニセックスで着られるものなのです。「夫婦でお買い物に来られるお客さまも多いですよ。マニッシュな服を探している女性にも喜ばれます」と、代表の廣田佐知子さん。

 

180206_0102
そんな廣田さんの春の着こなしは、「シャツより、ボトムインが気恥ずかしくない(笑)」という薄手のニットを、ふわっとイン。メンズライクなベルトと靴を合わせたぶん、ブローチでほんのりやわらかさを出しています。

「ニュアンス」ニット¥20,000、「オナーギャザリング」パンツ¥24,000、「オナーギャザリング」ベルト¥11,000、「フォルメ」ダンスシューズ¥49,000、「犬飼眼鏡枠」ブローチ¥5,000、「ジアケニア」バングル¥3,500、腕時計/私物

180206_0030
真っ白なシャツと、シルエットのきれいなパンツの組み合わせは、廣田さんの定番コーデ。

「オオエ」シャツ¥21,000、「オナーギャザリング」パンツ¥24,000、「ニュアンス」レザースニーカー¥30,000、「ジアケニア」バングル¥3,500、腕時計/私物

 

180206_0177
ほかにも店内には、ユニセックスで選べる素敵な服がズラリ。こちらの「ザ ヒノキ」のシャツは、白はコットンリネン糸そのままの色。グレーは、ベンガラ染め。

「ザ ヒノキ」シャツ(白)¥16,000、(グレー)¥21,000

 

180206_0157
ラフな巾着バッグを、上質な素材で。通常は服に使うやわらかな牛革が使用されています。

「アエタ」巾着バッグ 各¥22,000

 

photo:小山奈那子 text:福山雅美 「ナチュリラ」vol.41より

←その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

←「レクトホール」の「今日のひとしな」はこちらから

レクトホール

東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 greenhills GF
TEL:03-3716-1202
http://rectohall.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ