「gris souris(グリスーリ)」飯島里奈さんの春服

ナチュリラ
2018.03.17

もうすぐ「ナチュリラ」春号が発売!「今日のひとしな」に登場した東京近郊のライフスタイルショップや雑貨店に再度お邪魔して、おすすめ春コーデを聞いてきましたよ。さらに詳しく知りたい方は、「ナチュリラ」春号をご覧ください。

・・・・・・

千葉・稲毛「gris souris(グリスーリ)」で扱っているのは、手仕事と暮らしの日用品。服も日用品の一部と考え、気どりなく着られて、それでいて暮らしに心弾むアクセントをつけてくれる服が並びます。

180131_0215
店主の飯島さんは身長150センチ。なのに、店の服を着こなす姿はスラリとした印象です。「無意識に、小柄な方でも似合う服をセレクトしているのかも。春はふんわりした服が着たくなりますが、ウエストをキュッとさせると小柄でもバランスよく着こなせますよ」

「ミホ ウメザワ」プルオーバー¥15,000、「ミホ ウメザワ」パンツ¥18,000、「ポタ」靴¥29,000

a
ボトムインしてシルエットに変化をつけると、黒のワントーンも軽やかになります。

「ユーモレスク」ニット¥38,000、「ユーモレスク」スカート¥28,000、「ヴィエイユ」靴¥24,000、「アオ」バングル¥20,000

180131_0313
レザースリッポンは履き続けるほど、くったりなじんで履きやすくなるのです。

「ポタ」靴¥29,000

180131_0306

180131_0302
「ガロータ」のバッグは、軽いリネン素材&小さな持ち手が、春のお出かけにぴったり!

バッグ 各¥4,000

 

180131_0246
お店の入り口から顔を出して見送ってくれた飯島さん。「ぜひ遊びに来てくださいね~」

「ミホ ウメザワ」プルオーバー¥15,000、「ユーモレスク」スカート¥60,000

 

photo:小山奈那子 text:福山雅美 「ナチュリラ」vol.41より

←その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

←「グリスーリ」の「今日のひとしな」はこちらから

 

 

「gris souris(グリスーリ)」

千葉県千葉市稲毛区稲毛台町12-12
TEL:043-239-7819
http://gris-souris.net

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ