「steef(スティーフ)」石政里佳子さんの春服

ナチュリラ
2018.03.20

本日「ナチュリラ」春号が発売! 誌面では「今日のひとしな」に登場した東京近郊のライフスタイルショップや雑貨店に再度お邪魔して、おすすめ春コーデを聞いてきましたよ。さらに詳しく知りたい方は、「ナチュリラ」春号をご覧ください~。

・・・・・・・

仕事帰りの平日にも、ふらりと寄ってもらえる場所でありたい。そんなわけで、東京・祐天寺のセレクトショップ「steef(スティーフ)」の営業時間は14~22時。古着を扱う姉妹店から生まれた「スティーフ」だから、個性的な古着もたくさん。さらにこれからは、オリジナルにも力を入れていく予定です。

180206_2_0201
昨秋、広めの今の店舗に移ったことで、アクセサリー、フレグランス類など、ラインナップも幅広くなりました。「この春、気になるのは柄物です。クールな印象で取り入れたいですね」と、店主の石政さん。

180206_2_0182
この春おすすめのアイテムは、大きなフラップポケットが目を引くコートと、幾何学柄のトップス。主張の強い服同士を組み合わせるなら、どちらを主役にするかを決めてコーディネートするのがポイントです。この日は、柄はチラリとのぞかせる程度にしました。

「ケンジ ヒキノ」コート¥68,000、「クローク」ニット¥24,000、「プレット」デニム¥19,000、「ワイエムウォルツ」靴 ¥34,000

180206_2_0054
背中をリボンで結ぶタイプのスモックブラウス。インナーとの色合わせを楽しめそうです。

「クローク」ブラウス¥23,000

180206_2_0018
アクセサリーの品揃えにも力を入れていて、着こなしのほどよいアクセントになるデザインのものを中心に揃えています。

「チカコ ヤジマ」ピアス(ペア)¥12,000、「ソーク」ピアス(ペア)各¥8,000

180206_2_0011
ゴムが入っていないため、履き心地がやさしい靴下。やさしいカラーリングなので、明るい色でも取り入れやすいのがうれしいですね。

「エフスタイル」靴下 各¥1,200

 

180206_2_0210

 

 

photo:小山奈那子 text:福山雅美 「ナチュリラ」vol.41より

←その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

←「スティーフ」の「今日のひとしな」はこちらから

「steef(スティーフ)」

東京都目黒区祐天寺2-6-13 1F
TEL:03-5708-5611
http://feets-steef.jp/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ