さりげなく脚細効果! 「avecmoi(アヴェクモワ)」のチノパン

“おしゃれの名脇役”に会いに行く!
2018.04.20

sponsored

‟おしゃれの名脇役”に会いに行く!

Special

名作と呼ばれる映画には、必ずといっていいほど実力派の脇役が存在するもの。それは、おしゃれも一緒です。一見何げないのに、実は丹念にこだわって作られたアイテムたちは、主役を引き立てるための十分な腕前を持ち合わせています。

そんな“おしゃれの名脇役”にスポットを当て、王道のものから隠れた逸品まで、幅広くリポートしている連載のスペシャル版として、今月は話題の新ブランド「avecmoi(アヴェクモワ)」にクローズアップします。


 

フランス語で「私と一緒に」という意味の「avecmoi(アヴェクモワ)」。「みなさんのワードローブに加わったときにしっくりとなじみ、新しい着こなしも楽しめる、スパイスのような存在になれればいいなという思いを込めました」と語る、人気スタイリストの佐藤かなさんがプロデュースを手がけているブランドです。 

前回ご紹介したシャツワンピースに続き、今回ご紹介するのは、ヘビロテ必至! 大人の女性のためのチノパンです。

s-_S6A5897

「アヴェクモワ」チノパン<ベージュ>¥8,900

「アヴェクモワ」チノパン<ブラック>¥8,900

 

※商品の価格は2018年4月現在のもので、表示は税抜きです。 

「若いときは何も考えずにはけたけれど、年を重ねるとラフすぎる印象になってしまって。自分で作るなら、“アメカジ感”が強くないものにしたいと、あれこれ考えました」

まず、こだわったのはシルエット。

「女性らしく、そして定番として長くはけるテーパード型にしました」

実際、佐藤さんにはいていただくと……。

前から見ても、

 s-_S6A5782

横から見ても、

s-_S6A5758

細すぎず太すぎない、パーフェクトなシルエット! 膝下がスッキリしているので、裾をロールアップしなくても、きれいなラインがキープできます。

「スタンダードなチノパンにしたかったのもあって、ウエストにゴムは入れませんでした。でも、股上を深めにとることで、ラクなはき心地に。トップスを入れた着こなしも、きれいに決まります」

s-_S6A5867
大人の女性にとって嬉しいディテールは、ほかにも。

「ウエストのタックを深めにとることで、気になるお腹まわりをカバーできるようにしました」

s-_S6A5863
「もうひとつの大きなこだわりは素材。同じチノクロスでも、たくさんの生地サンプルを並べると質の違いが歴然としていて。最終的には、上品に見えるものを選びました」

s-_S6A5870

この生地が作られているのは、のどかな風景が広がる兵庫県西脇市。播州織をはじめとする繊維産業で名高い地域です。

s-a

「佐藤さんから『この生地にしたい』と言われたときは、さすがお目が高い! と思いました。上質な生地だし、チノパンだけ金額が上がっちゃったらどうしようって焦りもしましたけど、どうにか抑えられました」と笑いながら話してくださったのは、フェリシモの藤村圭一郎さん。

「縦糸、横糸ともに、毛羽を内側に入れ込んだコンパクトヤーンという糸を2本撚り上げた40番双糸を使っているので、ほんのりと美しい光沢があるのが特徴。張りのある丈夫な質感はしっかりと打ち込んでいるから。綾目がきれいなカツラギ綾で織り上げた、こだわり満載の生地です」 

同じ生地を使ったミモレ丈スカートは、張り感とタックのおかげで立体的なシルエットが生まれ、クラシカルな雰囲気が素敵。

s-_S6A5902

「アヴェクモワ」タックスカート<ブラック>¥8,600

「ボーダーカットソーを合わせてカジュアルに、レースのブラウスできれいめに、と幅広いスタイリングが楽しめます」

撮影に立ち会ったスタッフたちも「こんなのを待っていました!」と感激したチノパン、そしてスカート。皆さんもぜひお試しください。

取材後、佐藤さんがとりかかったのは、次のコレクションの打ち合わせ。

s-_S6A5948

 

生地メーカーの方々と、素材感や色について入念にチェックしていました。佐藤さんの頭の中は、すでに新作の構想がムクムクとわき上がっているもようです。これからも、乞うご期待!

 

photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

avecmoi(アヴェクモワ)

TEL 0120-924-211 (固定電話) 0570-024-211(携帯電話)

公式オンラインストア www.avecmoi.jp

公式Instagram @avecmoi_kana

 

Profile

佐藤かな

Kana Sato

明治学院大学フランス文学科卒業。現在は、雑誌や広告などでスタイリストとして活躍中。自身の大人カジュアルスタイルも支持され、私服スナップで誌面に登場するたび反響が高い。人気ブランドとのコラボレーションも多数。「avecmoi(アヴェクモワ)」は自身初のプロデュースブランド。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ