顔色も花色も引き立てる白かブルーのトップスを~フラワースタイリスト・増田由希子さん

ナチュリラ
2018.05.02

その洗練された花あしらいが人気を博し、自身のインスタグラムのフォロワー数はなんと、驚きの27万人超え! 世界中の花愛好家から注目を浴びるフラワースタイリスト・増田由希子さんも『ナチュリラ』春号vol.41にご登場。色彩感覚にすぐれた増田さんの服選びと着こなし、ぜひご参考に!

**************************************

s-_MG_2871

シャツやシャツワンピ、ブラウスが春のトップスの定番だという増田さん。白は洗いざらしのリネンシャツやとろみブラウスといったやわらか素材のものを。ブルーは、ほどよく張りのあるコットンをセレクト。

「白とブルーは、どんな花色もじゃましない、私の定番色です」

花が映えるということはもちろん、年を重ねるにつれ自身の顔うつりも意識するようになったとか。「迷ったときは、“どちらがより顔色よく見えるか”で選びます」

s-_MG_2421

すがすがしいブルーのシャツに「イール」のデニムですっきりと。アトリエでの作業もしやすいよう、ゆったりとしたシャツでも手首がギュッと締まっているものを選びます。襟を立ち上げて顔まわりに華やぎを添えるのも増田さんの着こなしのコツ。

 

s-_MG_2842

肌寒い日にはパーカを重ねて、シャツワンピースは少し崩して着るのが好み。白のワイドパンツを合わせたら、ワンピのボタンは全部留めずにラフさを出して。

photo:枦木 功 text:坂本祥子 『ナチュリラ』2018春号vol.41より抜粋

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ