着こなしは自由自在! “自分だけ”の一枚になるシャツ

今日のひとしな
2018.05.06

~HAC by WONDER  MOUNTAIN(ハック バイ ワンダーマウンテン)より vol.6~

今日ご紹介するのは、「itten.(イッテン)」のシャツです。

web-kiji0003
 
襟、袖、裾に配されたストリングで、シルエットを自由自在に変化させることができる一枚。ストリングをキュッと結んでギャザーを寄せボリュームを持たせたり、ラフに解いてレギュラーカラーシャツとしたり。様々な着方をお楽しみいただけます。
 
web-kiji0004
 
素材には「綿の王様」とも呼ばれ、高級綿として知られる、GIZAコットンを使用。とても薄手で柔らかく、シルク混のような滑らかな光沢感があります。私も初めて腕を通した時、鏡を見る前にこの肌触りと着心地の良さに感動しました。贅沢を言えば、このシャツをパジャマにして眠りたいほどです。
 
ゆったりとしたリラックス感がありながらも、襟や身幅の取り方などのディテールまで計算されたパターンがすっきりとしたシルエットを作ってくれます。
 
縫製であえて縫い合わせ部分のシワや歪みであるパッカリングを表現することで、シャツ全体の生地には独特な揺れ感が。ストリングでギャザーを寄せるとまるで波が寄せるかのような自然なドレープができ、さらに生地の揺れ感が増し、羽織ると空気を纏ったかのような軽やかな雰囲気に仕上げてくれるのです。
 
web-kiji0001
 
色んなところからストリングがぶら下がったこのシャツを着ていると、「そのシャツはどうなっているの?」と尋ねられることもしばしば。遠目で見るとスタンダードなシャツのようですが、店頭でも近づいて手に取られ、「デザインが面白い!」と共感してくださる方が多いです。そして実際に着ていただくと、まずこの肌触りに感動され、あれやこれやとギャザーのご説明をしていると、「このシャツ、着方がたくさんあってワクワクする!」と喜んでくださります。
 
スタンダードとは “ちょっとだけ” 違う「itten.(イッテン) 」のアイテム。これはブランド名の由来のひとつにも関係があります。
 
スタンダードを「1」とし、「2」「3」と増すごとに少しずつ変わったデザインのもの…とした時。この「1. (イッテン) ◯◯◯…」は、“スタンダードな「1」と「2」の間”という意味があります。「1. (イッテン)◯◯◯…」は、「1.00000…」から始まり「1.99999…」まで、ということ。
 
“ちょっとだけ”の中にも細やかな幅がある。ひと癖あるけど、奇抜ではない。これが「itten.(イッテン)」の魅力なのです。
 

web-kiji0002

フロントポケットやピスネーム(ネームタグ)の配置などのメンズライクな雰囲気と、繊細で凛とした上品さがバランス良く交わったこちらのシャツ。堅苦しくなく、ラフすぎない絶妙な仕上がりです。

日常使いにはもちろんのこと、リゾートホテルなどでさらっと着ていても素敵ですよね。

着用を繰り返すほどにストリング使いの新しい発見があり、着方のバリエーションが広がります。フロントボタンを開けてシャツジャケットのように羽織るのもおすすめです。

 
HAC by WONDER MOUNTAIN(ハック バイ ワンダーマウンテン)
国や地域、時代、作り手を問わず、“今、欲しいもの”が並ぶライフスタイルショップ。
 
広島県福山市明治町2-5 2F
TEL:084-983-2740
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
http://hac.digital-mountain.info/
Instagram「@hacbywondermountain」

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ