色も質感も“特別感”が漂う 「AULICO」のストール

今日のひとしな
2018.05.16

~HAC by WONDER  MOUNTAIN(ハック バイ ワンダーマウンテン)より vol.16~

今日ご紹介するのは、「AULICO(アウリコ)」の藍染ストールです。

web-kiji0004

うっとりするような、青の美しさ。皆さんは“青”という色にどんなイメージをお持ちですか? 例えば、自然が私たちに与えてくれた、雲ひとつなく晴れわたる空や、果てしなく続く海の“青”、草木や小鳥の鮮やかな“青”。身につけるモノで言えば、デニムの“青”や、フレンチワークの“青”、U.S.NAVYの“青” など人の手により作られた“青”。

そして、自然のリズムに人間が合わせ、日々の営みから生み出された藍染の“青”。この藍染を得意とするのが、「 AULICO」。デザイナーの平原大喜氏は、徳島県の国選定文化財である藍師の工房に弟子入りし、そこで藍染のノウハウを学んだ方。現在は宮崎県都城市の郊外で水車小屋を改装したショップを営みながら、隣の工房で藍染をほどこしたウエアや小物を一点一点丁寧に手掛けています。

web-kiji0001

ぐるぐるぐるっと巻いていただける大判のストールは、年に二度届く、当店の大切なスタンダードアイテムです。春夏には、この肌あたりがさっぱりとしたラミー(苧麻) 素材、秋冬にはしっとりとしたカシミア素材。シーズンに合わせ藍染をほどこされた美しいストールは、届く度に何度手にしても「はあ~」と吐息がもれるほど(笑)。惚れ惚れとしてしまいます。

これからの夏シーズンには、強度が高く、吸水性や発散性にも優れているラミー素材のストールを。程よい光沢とハリがあり、素材感を生かした藍染はまた一段と深い風合いをもたせてくれます。軽くて薄手なので持ち歩きにも便利です。スタイリングのアクセントにはもちろん、日除けにしたり、膝掛けにしたり。時にはしっかりとアイロンをかけてテーブルやソファにかけたり、インテリアのファブリックとして使うのも素敵です。

生地を繰り返し洗うことで起こる経年変化にも平原氏のこだわりがあります。洗う度に少しずつ変わる色や手触りの変化も楽しみのひとつ。好きなタイミングで洗っては使い、洗っては使いを繰り返すことで、日常とともに経年変化もお楽しみいただきたい…。そんな、とっておきの一枚です。

web-kiji0002

見た目の美しさはもちろん、触れた時の何とも言えない心地よさもぜひ感じて欲しいです。染める前のベースとなる素材にもこだわる「AULICO」 だからこそ、相まってうまれる“青”やその質感、感触は何度手にしても美しいと思える一枚。程よい抜け感があるのも、「AULICO」の魅力です。

男性にも女性にも長く長く、愛用していただけるストールです。

 

お店の紹介はこちらから

HAC by WONDER MOUNTAIN(ハック バイ ワンダーマウンテン)
国や地域、時代、作り手を問わず、“今、欲しいもの”が並ぶライフスタイルショップ。
 
広島県福山市明治町2-5 2F
TEL:084-983-2740
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
http://hac.digital-mountain.info/
Instagram「@hacbywondermountain」

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ