「ナチュラルスタイルを考える」~おしゃれ暦vol.57水無月

おしゃれさんコーディネート
2018.06.09

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ・第57回目です。ナチュラル(自然体)でリラックス(肩の力が抜けた)日常着を、という意味を込めてスタートした『ナチュリラ』でしたが「ナチュラルスタイル」のイメージが独り歩きしてしまったことも。大人がさりげなく素敵に見える装い、伊佐さんが考えるナチュラルスタイルとは、さてどんなものなのでしょう?

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

みんな実は、作為的に見える、無作為なものに惹かれる。

アナベルの鏡の前に置いてある、まん丸な石を見て、

大勢の人がコメントしたり、少しなでたりする。

この石はまん丸で作り物の様に見えるが、拾ってきた自然のもの。

 

現在展示中のアクセサリー作家、小野さんが付けていたリングを見て、

かなりたくさんの人が、「あれは何?」って聞いてくる。

あれがあったら欲しいという人も何人かいた。

でも、僕は知っている。

少し雑な言い方をするならば、あれは小野さんが拾ってきた

昔のガラスのかけらだということを。

 

どちらも、人の手の加わっていない無作為なものにも関わらず、

どうやら作為的なものに見えるようだ。

人はおそらく、作為的か無作為かの判別がしがたい、

その中間的なものに魅力を感じるのだと思う。

少なくとも、僕はそうであり、洋服のスタイリングでは、

どうかしているのではないかと思われるくらい、それを気にしている。

つまり、その人に自然に馴染んでいるかどうか、

無理をしているように感じはしまいか?

それをすごく気にしている。

そして僕は、その人にとって、ちょっとだけ無理をするような洋服をお勧めしていきたい。

 

s-DSC07581

 

たくさん無理をすると、「いやいや私には無理」ってなるから。

 

s-DSC07577

 

でも少しずつ無理をすると、「絶対無理!」って思ってた洋服を1年後には笑顔で着ている可能性がある。

 

 

s-DSC07586

 

だから、ちょっとずつ無理をすることは重要なことだ。

 

s-DSC07572

 

シンプルな中に、少しだけアヴァンギャルドを入れてみる。

 

s-DSC07633

 

そして、モノを見るようにスタイリング全体を俯瞰(ふかん)で見る。

 

s-DSC07607

 

「ナチュラルかな?」って気にしてみる。

僕の思うナチュラルなファッションはそういうこと。

 

梅雨を前に、夏のワンツーコーデを思う頃、

まさにそんな無作為なナチュラルスタイルに憧れるのです。

 

 

コットンニット:charpentier de vaisseau ¥12,000+tax

スカート:ARTEPOVERA ¥17,000+tax

バッグ:MUUN ¥18,500+tax

シューズ:AUTTAA ¥41,714+tax

帽子:mature ha. for annabelle ¥18,000+tax

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ