わかってスッキリ! 骨格診断で「あきらめる、おしゃれ」

編集部ブログ
2018.06.12
 「コーディネートの基本中の基本」といわれるアイテム。なのに、「シャツが似合わない気がするのは、いったいなぜ⁉︎」と、不思議に思っていた私。今度こそ、と買い続けては、やはりしっくりこなくて、手放して……を繰り返してきました。

そんなおしゃれのモヤモヤを解消してくれたのが、近ごろ話題の「骨格診断」。ナチュリラ別冊『骨格診断&パーソナルカラーで‟似合う”カジュアルの見つけ方』を監修してくださった山田芙美子先生にチェックしてもらったところ、私は3つの骨格タイプの中の、“ウエーブ”と判明。

「体つきが薄く、ラインがなだらかで、肌質もやわらかめの‟ウェーブ”さんは、張りのある生地や、大きめのサイズ感が苦手。だから、正統派のシャツやビッグシルエットのものだと“着られた感”が出てしまうんです」と山田先生。どうりで、しっくりこなかったはずだわ……と納得!

「どちらかというと、シャツよりはブラウスタイプを選んで。体に沿うシルエットや、しなやかな質感だとなじみますよ」

イチオシは、こんなとろみのある素材のブラウスだそう。

_S6A9075

たしかに、昔ボウタイつきを着たときに、やけに褒められた記憶が……! また着てみようかしら。

胸元が淋しく見えがちなので、襟元があきすぎず、レースなどのディテールがあるものもよいそう。

_S6A7038

フェミニンすぎるのが苦手な私でも、こんなタイプならサラッと着られそうです。

ちなみに、いわゆる王道のシャツが似合うのは、胸元に厚みがある‟ストレート”タイプ。

_S6A7734

肩が合った形が基本ですが、旬のドロップショルダーも、しっかり張りのある素材なら"ストレート"さんにもOKだそう。

_S6A7030

ちなみに、山田先生は‟ナチュラル”タイプなのだとか。モデルはご本人です! ボーイッシュなシャツを、ゆるっとラフに着るのがお似合い。

_S6A8063

ブラウスを選ぶときも、肩が落ちたゆったりめのシルエットがポイントだそう。

_S6A7060

「私自身も、昔はベーシックすぎるシャツを着ると、なぜか違和感があったり、細身のフェミニンなブラウスを着ると、たくましく見えたりしまったりして(笑)、なぜだろう? とモヤモヤしていました。出産を機に骨格診断を学んでからは、"好き"という思い込みや先入観ではなく、生まれ持った体つきや肌色にしっくりなじむ服こそが“似合う”のだと知って、普段のお買い物でも無駄遣いがなくなりました」

ただいま発売中の『似合うカジュアルの見つけ方』は、チェックリストもわかりやすい! と大好評なので、まだの方はぜひお試しを。2つのタイプで迷ったり、もっとじっくり知りたいと思ったら、サロンで診断してもらうのもおすすめ。

しっくりこなくてタンスのこやし状態だった服が“似合わない”とわかると、あきらめがついて手放しやすくなるし、何げなく選んでいた服でも“似合う”とあらためてわかると、より自信を持って着こなせるもの。毎日のおしゃれがもっと楽しくなることウケアイです!

 
photo:花田梢 styling:山口香穂    hair&make-up:長谷川さほ

Profile

教えてくれたのは… 山田 芙美子先生

Fumiko Yamada

骨格診断ファッションアナリスト/パーソナルカラーアナリスト。「マックスマーラ」勤務を経て、育児に専念する中、ICB インターナショナルにてディプロマを取得。人それぞれの魅力を引き出し、最も輝く定番スタイルを見つけるお手伝いがしたい! と「F★STANDARD」を立ち上げる。小学生の息子さんを持つママでもあり、普段は断然カジュアル派。リラックスした気分で受けられる親身なカウンセリングと、ライフスタイルに合わせた身近な着こなし提案がわかりやすいと人気。監修を手がけたナチュリラ別冊『骨格診断&パーソナルカラーで “似合う”カジュアルの見つけ方』(主婦と生活社刊)も好評発売中!

http://f-standard.click/

Instagram @fstandard.fumiko

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ