骨格タイプ別 “似合う”デニムは、どう選ぶ?

【特集】“似合う”カジュアルの見つけ方
2018.06.20

「自分で似合うと思っていても、他人から見ると違っていたり……。その理由がわかって、毎日のおしゃれの参考になりました」などなど、おかげさまでご好評いただいているナチュリラ別冊『骨格診断&パーソナルカラーで “似合う”カジュアルの見つけ方』。シンプルな着こなしが多くなる夏に向けて、ますます気になってくるのが“似合う”‟ 似合わない”の差。そのカギを握るのが、3つの骨格タイプです。まだ自分のタイプをチェックしていない方は、本誌もしくは6月20日発売予定の『ナチュリラ 2018夏号』をご覧になってみてくださいね。


 

カジュアルボトムの代表といえば、やっぱりデニム。“クールビズ”でもおなじみのチノパンも含めて、骨格によって変わるシルエットや生地の選び方をご紹介します。

Straight 

メリハリのある

「ストレート」タイプに

“似合う”デニムは…

 _S6A8203

ノンウォッシュのストレート型!

「ストレート」タイプに似合うのは、正統派のデザイン。地厚の素材なら肉感を拾わず、メリハリのある体型がすっきりシャープに。選ぶべきは、‟ザ・定番”といえる太すぎず細すぎずのストレートデニム。ダメージ加工が施されていない、きれいめのワンウォッシュやノンウォッシュが◎。

 

チノパンは端正な

センタープレスを

_S6A6591

上品な光沢が、きれいめの印象を後押しするチノパン。脚を立体的に見せるセンタープレスで、きちんと感がアップ。

 

Wave

なだらかな

「ウェーブ」タイプに

“似合う”デニムは…

_S6A9288

フィット感のあるスキニータイプ! 

「ウェーブ」タイプが押さえておきたいパンツは、女性らしいなだらかなボディラインが引き立つ細身のシルエット。デニムでも、厚手の生地やガサッとした質感が苦手なので、薄手でストレッチの効いたスキニーデニムを選んで。足首ののぞくクロップド丈もおすすめ。

 

チノパンもスリムな形と

しなやかさがカギ

_S6A6593

細身のシルエットで、くるぶしがのぞく短め丈。薄手でしなやかな質感も「ウェーブ」に似合うポイント。

 

Natural

フレーム感のある

「ナチュラル」タイプに

“似合う”デニムは…

_S6A8392

リラックス感のあるボーイフレンド型!

フレーム感がしっかりした体型なので、ピタピタしすぎる服を着ると、意外にたくましく見えてしまう「ナチュラル」タイプ。ほどよいゆとりが女性らしさを演出してくれるので、ボーイフレンドデニムがマッチ。ダメージ、色落ちなどワイルドなニュアンスもお手のもの。

 

ワイドで味のある

素材が映える

_S6A6554

バギーパンツのようにかなり太めの形でも「ナチュラル」タイプなら重たく見えない。味のある風合いも決め手に。

 

photo:花田梢 styling:山口香穂 hair & make-up:長谷川さほ text:三宅桃子    supervising:山田芙美子(F★STANDARD)

『骨格診断&パーソナルカラーで “似合う”カジュアルの見つけ方』より抜粋

Profile

骨格診断&パーソナルカラーで “似合う”カジュアルの見つけ方

ナチュリラ別冊

Amazon

楽天

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ