骨格タイプ別 “似合う”のは、どんなスカート?

【特集】“似合う”カジュアルの見つけ方
2018.06.22

「好きな服と似合う服が違うとわかり、勉強になりました」などなど、おかげさまで大変ご好評いただいているナチュリラ別冊『骨格診断&パーソナルカラーで ”似合う”カジュアルの見つけ方』。さて、皆さんの骨格タイプは、何でしたか? まだ調べていない方は、本誌のほか『ナチュリラ 2018夏号』にもチェックリストを掲載しているのでご覧になってみてくださいね。


 

直線的なラインが似合う「ストレート」、しなやかさが特徴の「ウェーブ」、ざっくり感が得意な「ナチュラル」と、骨格タイプ別にキャラクターがはっきりしているのがスカート。まずは、このところ人気のフレアシルエットで、その違いをチェック

 

Straight

「ストレート」タイプに

“似合う”スカートは…

_S6A8211

フレアスカートでも

量感を抑えたタイプを

ヒップに丸みがあり、ひざ下は細めでメリハリを感じさせる「ストレート」タイプは、張りのある生地でIラインに近いシルエットを選ぶのが正解。量感たっぷりのギャザーや肉感を拾う薄手素材は、着太りするので注意して。

本来フレアスカートは不得手なアイテム。だけど生地がしっかりしていて、広がりすぎないラインならお似合いです。

 

イチ押しは、地厚のタイト

_S6A7193

タイト、ボックス、ペンシル型など、まっすぐのシルエットを選ぶのが「ストレート」タイプにとって“似合う”基本。地厚でひざ丈がベスト。

 

Wave

「ウェーブ」タイプに

“似合う”スカートは…

_S6A9271

動くたびに揺れる

アコーディオンプリーツ

腰まわりに脂肪がつきやすい「ウェーブ」タイプは、下半身が重たく見えないひざ下やミモレ丈のスカートがベストな選択。裾に揺れ感があるものや、薄手でソフトな素材がおすすめ。

やわらかな透け感のある生地なら長め丈もOK。細幅のプリーツが下半身をしなやかに見せてくれます。

 

基本は、ミモレ丈のAライン

_S6A6943

「ウェーブ」が持つしなやかな体のラインに沿う、薄手でやわらかな生地であることが最優先。ひざ下からミモレ丈をチョイスして。

 

Natural 

「ナチュラル」タイプに

“似合う”スカートは…

_S6A8295

マキシ丈の

たっぷりギャザー

生地をたっぷりと使ったギャザーや、脚のラインを拾わない厚手のスウェット素材など、シルエットや生地そのものに量感のあるタイプを。長めの丈ほどスタイリッシュでこなれた印象に。

腰から広がるボリューミーなロングギャザースカートは、「ナチュラル」タイプだけが美しくはきこなせるアイテム。コットンやリネンの風合いもマッチ。

 

ざっくりとした風合いも決め手

_S6A6958

スタイリッシュな「ナチュラル」タイプがはけば、ふんだんなギャザー使いのスカートでも着太りとは無縁。ざっくりした質感だと、よりらしい雰囲気に。

 

photo:花田梢 styling:山口香穂 hair&make-up:長谷川さほ text:三宅桃子 supervising:山田芙美子(F★STANDARD)

骨格診断&パーソナルカラーで ”似合う”カジュアルの見つけ方』より抜粋

Profile

骨格診断&パーソナルカラーで ”似合う”カジュアルの見つけ方

ナチュリラ別冊

http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-64152-3

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ