「ドキドキしながら秋をまとう」~おしゃれ暦vol.61葉月

おしゃれさんコーディネート
2018.08.11

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ・第61回目です。8月も中盤に差し掛かっても一向に暑さが和らがない毎日にちょっと疲れ気味だけれど、お盆をすぎれば(期待を込めて)もうすぐ秋。ファッション業界では、この時季の「夏物だけれど、色は秋色」の洋服たちを“晩夏もの”といいます。これまで着ていた夏服に、少しずつ少しずつ取り入れて、秋を楽しみに待ちましょう。

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

花火大会で言うと、終盤。

最も盛り上がりながらも、寂しさを感じる。

大きな間を感じ、周囲がざわつく。

「終わったか?」

ドキドキしながら次を待つ。

 

s-DSC03270

 

秋のスカートにボーダーTシャツをタックイン。

 

s-DSC03278

 

夏の終わりをより良いものにするために、

秋が少し手を差し伸べた。

 

s-DSC03281

 

真白の秋スカートに、久しぶりに靴下。

秋の服に、どうも素足は似合わない。

 

s-DSC03358

 

とはいえ、まだまだうだるほど暑い。

夏物秋色を取り入れよう。

 

s-DSC03360

 

藍染の日傘は、秋色をいい塩梅に引き立てる。

 

s-DSC03381

 

秋色の夏のワンピースは、

麻素材で涼しいこと間違いなし。

 

日傘も差せば、鬼に金棒。

引き続き、ぜひ日陰を持ち運びたい。

 

s-DSC03444

秋のパンツにごく薄手の春のシャツ。

袖まくりで羽織いらず。

 

s-DSC03458

 

コットンにシルク混じりの薄手のシャツは、

春夏、初秋と大活躍。

無理なく秋を感じさせる。

 

s-DSC03460

 

洗濯ラベルを切ったほうが良いほどの透け感と長袖は、

夏に秋服と合わせるのにちょうどいい。

 

s-DSC03393

 

ドキドキしながら次を待つ。

 

s-DSC03470

 

ドキドキしながら秋をまとう。

今はそういう季節。

 

スカート:ゴーシュ ¥25,000+tax

ボーダーTシャツ:シャルパンティエ・ドゥ・ヴェッソ ¥6,500+tax

籠バッグ:MUUN ¥18,500+tax

帽子:sashiki ¥20,000+tax

 

ワンピース:Honete for Annabelle 姉妹伴カラー ¥30,000+tax

日傘:傳(tutaee)¥19,000+tax

 

パンツ:FIRMUM ¥17,500+tax

ブラウス:Soil ¥15,000+tax

バッグ:テハマナ ¥18,000+tax

くつ:DELMONACO 私物

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ