まるで建築物の様な佇まい「CHACOLI(チャコリ)」のトートバッグ

今日のひとしな
2018.10.01

~EUREKA FACTORY HEIGHTS より vol.1 ~

一般的な帆布生地によるバッグでは考えられない、この威風堂々とした佇まいに惚れ込む方も多く、今や当店では欠かす事の出来ない存在となった、こちらの名品をご紹介させて頂きます。

1 (1)
「CHACOLI(チャコリ)」のトートバッグの最大の魅力は、しっかりとした骨組みから成る自立したデザインにあります。

まず、本体にはメラミン樹脂加工が施された、ハリのある帆布生地を使用。その本体生地を内側と外側から挟むように、持ち手と 同素材のテープが取り付けられています。その抜かりのない構造たるや、まさに建築物を連想させる、大変手間のかかった一点です。

1 (2)
そして、中の構造も魅力のひとつ。仕切りでいくつかの部屋に区切られていることによって、入れた物が混在せず何処に何があるか一目瞭然なのです。

ノートパソコンなどの電子機器を保護する為に、ドイツの老舗シューズブランドSALAMANDER社による再生革を使用した底板まで搭載されています(01~08型のうち、01~05型に付属)。

1 (3)
無駄なパーツや装飾を一切排除した軽量化へのこだわりも素晴らしく、これだけ強固な構造でありながら、一番大きいサイズでも1Kgに満たないというのも驚きです。

1 (4)
私自身もこのバッグの愛用者の一人で、使い始めてから1年以上が経過しています。この写真は、左が新品、右が1年使用した私の私物。新品のものと比べてみても、骨組みの強度は全く変わらず自立したシルエットが崩れることはありません。

1 (5)
むしろ使い始めの頃よりも生地に味が出てきたことで、肩に掛けた時の体へのフィット感が増し、 レザーの持ち手も自分の手に馴染んできた姿がとても気に入っています。

全8型のラインナップは、万人に向けた使いやすさをデザインしたアイテムではなく、書店、プロダクトデザイナー、ショップオーナー、マフィン屋店主など様々な職業の方と関わりながら、それぞれにとって価値のある形を追い求めて、幾度とない微調整を重ねた上でようやく辿り着いたそう。「CHACOLI」のトートバッグは、もはや工芸品とも呼べる存在です。

たかがトートバッグ、されどトートバッグ。「CHACOLI」に出会うまでは、トートバッグという存在に対して機能性を求めることなど無く、良い意味でも悪い意味でもシンプルなものが当たり前だと決め込んでいた自分に、もはや革命に近い衝撃を与えてくれたひとしな。これぞ逸品です。

→お店の紹介はこちらから

EUREKA FACTORY HEIGHTS(エウレカファクトリーハイツ)

岐阜県岐阜市敷島町6-2-2
TEL:058-213-7709
営業時間:11:00~19:00
定休日:木曜
https://www.eureka-jp.com
Instagram「@eureka_jp」「@eureka_wmns

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ