「humoresque」の服~グリスーリより~vol.11

今日のひとしな
2016.04.11

←お店の紹介はこちらから

 

上質なカシミアやリネンやコットンを中心とした、着心地の良い日常着を作っている「humoresque(ユーモレスク)」。このブランド名は、ドボルザーク作曲のhumoresqueからとったそう。誰もが耳にしたことのある小気味良い旋律、鼻歌でハミングしたくなる軽やかな曲は、どこか「humoresque」の服と通じるところがあるように思います。

まだお取り扱いを始める前に、お客さんとして「humoresque」を訪れた時、初めて購入したのはカシミアのワンピースでした。嬉しくて嬉しくて、帰りの坂道はスキップをするような気分でした。「humoresque」の洋服にはそんな心を弾ませる力があります。そのワンピースは今までに2回お直しに出しました。大切にしながらもたくさん着たいと思っています。

こちらのグレーのリネンニットは袖と裾のリブを長めにとり、すっきり見えます。しっとりした生地感が美しい真っ赤なコットンスカートは昨年好評で、今年も再制作されました。

11a
Vネックプルオーバー ¥30,000+tax
ギャザースカート ¥28,000+tax

「humoresque」の服を着る時は、あまりネックレスをしません。首元のラインがきれいで、そのままのほうが女性らしいと思うからです。
11b
コンビネゾン ¥50,000+tax

コットンラミーのコンビネゾンは光沢感のある生地感で、カジュアルなアイテムながらきれいに着ることができます。
11c
春夏物がだいぶ揃ってきました。
心躍るような一着を見つけていただけたら嬉しいです。

 

photo:吉田周平

 

gris souris(グリ スーリ)

手仕事のもの、くらしの日用品が並ぶ雑貨店。デイリー連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の飯島里奈さん。

 

千葉市稲毛区稲毛台町12-12

TEL&FAX 043-239-7819

11:30~17:30 日・月曜定休

http://gris-souris.net

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ