「VIEILLE」の靴 ~グリスーリより~vol.14

今日のひとしな
2016.04.14

←お店の紹介はこちらから

 

初めて目にした時、なんて美しい靴だろうと思いました。

ストレスなく履けることを靴選びの必須条件としているので、ヒールや細身な靴を選ぶことがなくなってきていたのですが、足元を華奢に見せたい時もあります。そんななか出会った「VIEILLE(ヴィエイユ)」の靴。神戸のアトリエで、舞台靴をイメージして作られています。

 

こちらは、カッティングの美しい「Cinq(サンク)」。甲が薄く綺麗に見えます。

s-0000

数年履いた白のCinqを見せてもらったことがあるのですが、少しグレーがかって、まるでアンティークの靴のような雰囲気になっていました。変化も楽しみな白です。

s-0001

Cinq ¥24,000+tax

 

軽やかなレースアップシューズの「Quarante (キャラント)」。

s-0002

横から見た薄さも素敵。細身に見えますが、素材はとても柔らかいゴート(山羊)革なので履き心地がとても良いです。長年、外反母趾で決まった靴しか履けなかったという常連のお客様が購入してくださり、その後全然痛くないと喜んで報告に来てくれました。

s-0003

Quarante  ¥28,000+tax

 

photo:吉田周平 

gris souris(グリ スーリ)

手仕事のもの、くらしの日用品が並ぶ雑貨店。デイリー連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の飯島里奈さん。

 

千葉市稲毛区稲毛台町12-12

TEL&FAX 043-239-7819

11:30~17:30 日・月曜定休

http://gris-souris.net

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ