秋冬のお出かけシーンに華を添えるベロアジャケット

おしゃれさんコーディネート
2018.10.17

大人のアウターの選び方③ (板倉直子さんのかしこい衣服計画)

 

10月のおしゃれさんコーディネートを担当させていただく、島根県松江市でセレクトショップ「Daja」を営む板倉直子です。10月15日(月)から19日(金)まで毎日お伝えいたします。

秋にはコンサートやお食事会など、いつもより少しあらたまったイベントでお出かけする機会も多いのではないでしょうか。
そんな時に重宝する、ベロアジャケットをご紹介します。

 

s-01
あらたまった席へのお出かけに華を添える、黒いベロアのジャケット。
シンプルなワンピースやスカートに合わせることで、ベロアの華やかさが引き立ちます。

 

s-02

 

s-03
やや短めの着丈はボトムの形を損なわず、後ろ姿をスッキリと見せてくれます。

 

s-04
光沢がとても美しいベロアのジャケット。
ノーカラーのデザインもクラシックで素敵です。

 

s-05
チラリと見える白い裏地はリネン素材で黒のベロアとの対比がデザインのポイント。
私にとって見えないところのおしゃれは着るときに気分が上がる大切な要素です。

 

s-06
ジャケットに合わせたのはウエストで切り替えのあるデザインのワンピース。
こちらはダジャの「ノワールシリーズ」として、あらたまったお出かけのシーンにご提案しているワンピースです。
ジャケットやコート、アクセサリーを合わせることによりコンサートや会食、子どもさんの発表会や卒業式などに活躍します。
ダジャのお客様にお勧めしたいフォーマルな服が欲しくて「michel beaudouin」に別注して生まれたシリーズです。


s-07
お出かけの時に持つバッグも用意しておくと、いざというとき慌てることはありません。
そんな時に、私はクラシックなミニフタ付きのバッグを愛用しています。
普段はカジュアルなトートバッグ派なのですが、このミニフタ付きバッグを持つときにはレディな気分を楽しんでいます。

 

s-08
ベロアジャケットは、お出かけの時だけでなくいつものカジュアルなシャツやデニムに合わせても。
秋にはシックなこんな装いも良いですね。

 

s-09

 

s-10
白シャツとデニムの合わせは、普遍的でありながら、少し形を変えるだけでとても新鮮に感じられます。
ナイジェルケーボンウーマンの5ポケットジーンズは、ウエスト位置が高く、裾にかけてテーパードしたシルエット。
腰高に見せてくれ、スッキリと履けるデニムです。

 

s-11
このコーディネートの仕上げは靴。
ウィングチップのギリーシューズで、足元にポイントを作ってみました。

・・・

ベロアノーカラージャケット
「michel beaudouin」
¥25,000+tax

ノワール ウエスト切り替えワンピース
「michel beaudouin」
¥24,000+tax

オルタ ミニフタ付きキャンバスバッグ
「UN-SYMMETRY」
¥32,000+tax

パンプス(私物)

・・・

バンドカラーシャツ〈New BAND COLLAR〉
「SOUTIENCOL」
¥15,800+tax

5ポケットジーンズ
「Nigel Cabourn WOMAN」
¥27,000+tax

ベレー帽
「utilite」
¥6,800+tax

ギリーシューズ
「DIVINA」
¥45,000+tax

Daja(ダジャ)
島根県松江市学園南2-12-5 HOYOパークサイドビル1F

http://allo-daja.com
11:00~19:00
定休日:火曜日

 

Profile

板倉直子

NAOKO ITAKURA

島根県松江市のセレクトショップ「Daja」ディレクター。トラディショナルをベースに自分らしい着こなしを提案している。著書に『大人のための かしこい衣服計画』(主婦と生活社)。この連載では、1月、4月、7月、10月に1週間特集として登場予定。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ