金子敦子さんの着こなし術Vol.1 自分のベスト丈を見つける 

『新 大人の普段着』特集
2018.11.05

みなさまこんにちは!

10月17日に発売した

金子敦子さんの
50代からはじめる
『新 大人の普段着』

大変ご好評いただき重版が決まりました!

webIMG_2025A

 

この本は、50代になって、それまでの服がまったく似合わなくなってしまった
主婦・金子敦子さんが試行錯誤しながら見つけた
50代からでもおしゃれになれる着こなしのヒントが満載の一冊です。


皆様からいただいたおハガキを拝見すると、
50代の方だけでなく、30代、40代、60代、70代の方まで!

「普通体型の人がモデルさんだったので、とても参考になりました」
「50代からでもおしゃれしていいんだ! とうれしくなりました」
「おばあさん服は着たくないけど、若い人の服も無理。
 とはいえ、どんな服を選んだらいいのか わからなくて。
 そんな私にぴったりの本でした」
などなど、たくさんのご感想をいただきました。ありがとうございます!

感謝を込めて
『新 大人の普段着』の中でも特に人気の特集を
一部抜粋して4日連続でお届けしていきます。

 

自分のベスト丈を見つける

 

「年を重ねるうちに、今までの服を着ても似合わなくなって……」と悩んでいた金子さん。
日々、試着と自撮りをくり返し、“今の自分”に似合うベスト丈を発見。
自分のベスト丈を知ることが、おしゃれが変わる第一歩です。

 

 

トップスは52cmがベスト

 3年ほど続けている私のブログ『命短し恋せよ乙女50代の毎日コーデ』の中で、
何度か開催しているのが「〜選手権」という企画。「このパンツに合う靴は?」
「このトップスに合うパンツは?」などテーマを決め、いくつかコーディネートを載せ、
読者の方に投票してもらってベストコーデを決めるというもの。

 2年前、同じスカートにさまざまな丈のトップスを合わせた
「トップス選手権」を開催した時、
トップスの着丈が全身のバランスの要になることを発見! 
研究の末、身長160cmの私には、気になるおなかが隠れ、
脚が長く見える52cmがベストという結論に。 
目安は「上半身:下半身が1:2」。
自分を一番素敵に見せてくれるマイベスト丈を、ぜひ見つけてみてください。

 

ベスト丈のニットなら
ボトムのテーパードのラインもきれいに

webImg65378AA

チェックのウールパンツにアイボリーのニットを合わせて。
「トップスの着丈が短いと、テーパードのラインがきれいに見えて、
上下ウールでも軽やかに着こなせます」と金子さん。
ちらりとのぞくマスタード色のソックスをポイントに。

 

Gジャン×スカートで
甘辛ミックスコーデ

webImg68285AA

白のフレアスカートに色の濃いGジャンを合わせ、甘さをおさえて。
「コンパクトなGジャンは、アウターとしてだけでなく、
コートの中にも着られて重宝します」。
トートバッグとスニーカーでスポーティーな味付けを。

 

金子さんは、トップスのほかにも、
コートやスカートなどそれぞれのマイベスト丈を知ってから
お買い物の失敗がぐんと減ったそう。
さて、あなたのベスト丈は何センチ?

Vol.2に続く

photo:馬場わかな
text:増田綾子

 

 

 

 

 

Profile

金子敦子

KANEKO ATSUKO

主婦。夫と娘との3人暮らし。看護師を経て日々の着こなしを自撮りで紹介するブログ『命短し恋せよ乙女★50代の毎日コーデ』をスタート。「あっこたん」の愛称で親しまれる人気ブロガーに。著書に『新 大人の普段着』(主婦と生活社刊)『お母さん、その服なんとかしよ!毒舌ムスメのファッションチェック』(飛鳥新社刊)がある。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ