「冬の入り口」~おしゃれ暦vol.67霜月

おしゃれさんコーディネート
2018.11.10

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ・第67回目です。ここへ来て、気象予報では「季節が進まない」なんて言われていますが立冬も過ぎました。少しずつ着るものが増えていくこれからの季節、楽しくもあり、悩ましくもあり……。

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

秋冬には秋冬の楽しみがある。

異素材の組み合わせや小物使い。

そして重ね着。

一度に着る洋服の枚数も増えるから、

その種類も増える。

こんな重ね着もいいのではないか。

 

s-DSC04230

 

展示会でドキドキする。

メンズにはないこのような洋服との出会い。

 

 

s-DSC04231

 

コートの上からでも着ていただける、

ポンチョのようなマントのような筒型の変形ショール。

 

 

s-DSC04243

 

スタイリングをつくるとき、いつも集中して考えることがある。

それは、劇的に印象を左右する一手はないか?

それを探すのが、スタイリングを考える楽しみでもある。

こういう楽しい洋服と出会うと、そういった意味でウキウキする。

 

 

s-DSC04269

 

フロントの重なり合った布地を垂らしてみる。

また少し表情に変化があるのが面白い。

 

 

s-DSC04275

 

一見小難しそうだが、大判ショールや筒型のショールを使うのと大きな違いはない。

むしろ、それらを使い慣れている人にとっては、楽しくて仕方ない。

 

s-DSC04339

 

s-DSC04338

 

ホールに腕を通さずに使ってもいい。

冬の入り口ともいえる今の季節、朝晩の気温差がまだまだある。

お気に入りのワンピースやお気に入りの薄手のニットの上にちょっと掛ける。

それだけでスタイリングの印象はグッと変わる。

 

 

s-DSC04342

 

同系色でまとめても、ボリュームに抑揚が付き、

まったりしない。季節の変化が表現できる素敵な服。

 

 

s-DSC04322

 

 

使い方で後ろ姿も変わってくる。

 

 

s-DSC04286

 

ストールみたいに垂らすだけでもいい感じ。

 

 

s-DSC04306

 

面白いなって感じたものに素直に反応して楽しめる。

そんな軽さが、ファッションを楽しむコツなのでしょう。

自身の気持ちの変化をキャッチして、冬の入り口を楽しもう。

 

 

変形ショール:gasagrue ¥25,000+tax

ワンピース:maison de soil ¥37,000+tax

バッグ:gasagrue ¥18,000+tax

シューズ:VIELLE ¥26,000+tax

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

https://www.instagram.com/annabelle_104/

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ