【大人のおしゃれアーカイブ】光野 桃さん Vol.3

大人になったら、着たい服
2018.12.13

女性ファッション誌の編集者を経てエッセイストに。おしゃれの第一線を駆け抜けてこられたのに「私は、ちっともおしゃれなんかじゃない。ただ、おしゃれに焦がれ続けてきただけ」と光野さんは語ります。

「私は私のままでいい」と自分を認められたのは、還暦を迎えたころでした。今年62歳になり、バッサリと髪を切った光野さんに、ご自身のおしゃれと人生についてうかがいました。


Vol.2から続きます

021

人生のいくつもの曲がり角を通り過ぎてきた光野さん。2年前に還暦を迎えると、自分でも思ってもいなかった変化が訪れたのだといいます。

「還暦を迎えた朝、私はすごく自由だ! と思いました。人からどう見られるか、という呪縛から解放され、スコンと何かが抜けたんです」

そして62歳になった今年、髪の毛をバッサリ切り、染めることをやめようと決意したそう。

「1歳でも若く見られたい、という気持ちと完全に決別しないと、前に進めないと思ったんです」

ショートカットにしてみると……。

「生まれて初めて、自分の外見と内側がピタッと一致するのを実感しました。『この自分が、過不足なくプラスマイナスゼロで、すべてです』と思えるようになりましたね」

人は歳を重ねることを怖いと思うもの。でも光野さんはこう語ります。

063

「歳をとることは、美貌を失うことじゃない、とはっきりと言いたい。シワやシミは増えるけれど、自分が今まで得たものが、内面にどれほど蓄積されているかに目を向ければ、それを生かして自分の外観をつくることができるはず。容貌が衰えると思ってしまうのは、若さしか認めない日本の社会のせいかもしれません」

子育てを終えたり、仕事の第一線から退くと、社会に必要とされなくなるのでは? という不安もあります。

「手に入れたものに固執しないほうがいいと思いますね。また違うものを手に入れればいいだけ。社会的に必要とされなくなれば、ひとり遊び的な発想を持てばいい。60年も生きるとね、ネガティブなものがだんだん消えていくんです。だからもっともっとラクになるはずですよ。どうぞ楽しみにしていて」

とにこやかに教えてくれました。

晴れやかな光野さんの姿を見ていると、歳を重ねた先にどんな風景が見えるのかと楽しみになってきます。

40代から50代。そして60代へ。その時々に悩み、落ち込み……。華やかさの裏で苦んだ日々の話をうかがうと、胸が詰まるようです。でも、苦しんだからこそ、すべてから解き放たれて、「ありのままでいい」と素の自分になった爽快感が格別になるのかもしれません。還暦を迎えた光野さんの輝きは、今まで歩いてこられた年月に磨かれた証しのようにも思えます。

 

photo:大森忠明 text:一田憲子

『大人になったら、着たい服 ’18-’19秋冬』より抜粋

Amazon

楽天ブックス

Profile

光野 桃

Momo Mitsuno

エッセイスト。小池一子氏に師事した後、女性誌編集者を経て、イタリア・ミラノに在住。帰国後、文筆活動を始める。1994年のデビュー作『おしゃれの視線』(婦人画報社刊)がベストセラーに。以後、ファッション、体、自然を通して女性が本来の自分を取り戻すための人生哲学を描く。主な著書に『あなたは欠けた月ではない』(文化出版局)、『自由を着る』『おしゃれの幸福論』(KADOKAWA)など。

http://mitsuno-momo.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ