「気温と衣服の調合」~おしゃれ暦vol.69師走

おしゃれさんコーディネート
2018.12.08

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ・第69回目です。あっという間に“師も走る”師走! 普段ならそろそろ冬物のコートが大活躍の時季ですが、今年はジェットコースターみたいな気温の変化でアウター選びに本当に迷います。さて、伊佐さんの「気温と衣服の調合」のコツとは??

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

 

店の大きな窓から外を覗いていると、

明らかにミツバチと思える一匹が、

窓際のクリスマスの飾りに何度も飛びつこうとしては

窓ガラスに阻まれ、数分にわたって同じ動きを繰り返している。

「あなた冬眠は?」って聞きたくなるような時季ではあるが、

あまりの温かさに、少しおかしくなってしまったのか。

 

人も同じである。

春かと思うほどポカポカした日が続いたかと思うと、

雪が降りそうなほど冷える日がある。

もう、こういう不安定な気候が今の地球なのだと思うしかない。

とはいえ、冬は冬。コートなしで済むはずもない。

暖冬なりの薄くて軽い冬を楽しもう。

 

s-DSC09654

 

電車で脱いで手に持っても軽い、前を開けてもかっこいいコート。

色合いも柔らかくしたい。

 

s-DSC09653

 

インナーは肌触りのいい軽めのニット。

カバンに巻き物を忍ばせておけば、これで十分だろう。

 

s-DSC09626

 

日中の活動が多い妻などは、コートなしで、

大きめショールで過ごしている日もチラホラあるみたい。

 

s-DSC09619

 

昔より天気の移り変わりが情報として得やすい今、

毎朝、自分の活動時間に合わせて必ず天気予報をチェックする。

 

s-DSC09637

 

なになに、、最高気温17度、帰宅時の気温は、、10度。

薄手のセーターに、帰りはウールのコートがあれば大丈夫か。

あ、今日は自転車だから巻き物と手袋も持っていこう。

段々と、気温と衣服の調合がうまくなる。

 

s-DSC09664

 

s-DSC09668

 

s-DSC09676

 

案の定、帰りは風も冷たくなり、

地下鉄から地上に出たとたん、巻き物なしでは耐えられない。

 

 

s-DSC09695

 

そうか、、自転車か。

歩いてくればよかったか、などと後悔するほど。

 

s-DSC09588

 

s-DSC09576

 

本日の完全防寒。

コートは上まできっちりとボタンを留める。

垂らしていた巻き物はくるりと回す。

隠していたお気に入りの手袋、ついに登場。

 

s-DSC09608

 

10度ならこれで自転車に乗っても寒くない。

毎日の気温と衣服の調合は、体感を記憶することで上手くなる。

 

s-DSC09593

 

 

家に着くと、玄関に何か貼ってあるのが見える。

 

サンタさんへ

ぼくは、○○と○○と○○がほしいです。

○○は、よやくしないといけません。

                いさ○○より

 

サンタさんへの手紙が貼ってある。

翌朝からの息子の心配事は、サンタさんが欲しいものの予約の仕方がちゃんとわかるかどうか。

 

いつもより少し暖かいようだけど、今はそんな季節。

 

 

コート:Honnete ¥43,000+tax

パンツ:ARTEPOVERA ¥15,800+tax

セーター:evam eva ¥21,000+tax

バッグ:gasagrue ¥18,000+tax

ストール:¥9,000+tax

手袋:susuri ¥18,000+tax

靴:R.U. Anon ¥46,000+tax

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ