香菜子さんの冬服は軽さを意識してチョイス【後編】

ナチュリラ
2019.01.01

→【前編】はこちらから


さらに、軽さを求める気持ちは、小物選びにも。荷物が多く、大きなバッグを持つ日は特に、レザーではなくリネンやコットンのトートをセレクト。または、体にフィットすることで重みが分散できるリュックを合わせています。

厚手ニットを着るときも、軽さを意識してひと工夫。コットンのTシャツやブラウスをプラスするだけで、抜け感が出ておしゃれな雰囲気になるのだそう。

最初は「楽だから」という理由で軽い素材を選んでいた香菜子さん。そうしているうちに、自然と見た目も軽やかな冬のおしゃれを実現することができました。

05
ウールコートに大きめバッグを合わせるときは、布バッグを選んで軽やかに。「ヴィルヘルムス」のリネントートは、しっとりしたグレーベージュの色合いで、大人らしい落ち着いた雰囲気を漂わせてくれます。

01
重い荷物がある日は、背中にしっかりフィットするリュックがいちばんラク。「ミステリーランチ」のリュックは、絶妙な色合いと形が気に入って最近購入したもの。ダフッとはおったモッズコートを引き締めてくれます。

25
厚手のカーディガンのインナーには、白いTシャツを。Tシャツというカジュアルなアイテムの存在感、それ自体も軽さのポイント。しっかりした生地のものを選ぶと、ニットのボリュームに負けず、キリッとした印象に。

 

ナチュリラvol.44より photo:加藤新作 text:福山雅美


→その他の香菜子さんの記事はこちらから

Profile

香菜子

Kanako

モデル、イラストレーターとして活躍する傍ら、ホテル備品をイメージした雑貨ブランド「ヴィルヘルムス」を主宰。『香菜子さんの服えらび。』(主婦と生活社刊)も好評発売中。
https://vilhelms.thebase.in/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ