【“10年選手”の冬のもの】アンヌさん vol.2

ナチュリラ
2019.01.29

←vol.1から続きます


もともと物持ちがいいというアンヌさんですが、最近気になるのは環境のこと。衣類を処分するのは、良心がとがめるといいます。

_S6A7554
「ロンシャン」のスカーフ
10年ほど前に仕事でパリを訪れた際、時間がないながらも、せっかく来たのだからとデパートに飛び込んで買ったもの。
「冬はマフラーがわりにキュキュキュッと巻いています」


「子どもの成長に合わせて服を買い替えても、今の時代、おさがりの行き先がなかったり。不要になった衣類を回収してくれるサービスがあれば、じゃあこのお店で買おうかなと思うようになりました」

_S6A7566
「ジョージ ジェンセン」のピアス
「主人と出会って初めてもらったプレゼントが『ジョージ ジェンセン』のピアス(写真左下)でした。
以後13年間、私の誕生日には、ほぼ毎年"ジェンセン"のジュエリーをプレゼントしてくれます」


実は山好きで、アウトドアブランドではリサイクルを徹底している企業が増えていることも、そう考えるきっかけのひとつ。

「できる範囲のことはしていきたい。これからの格好いいおしゃれには、そんな意識も組み込まれていくのかな、という気がします」

_S6A7543
「コールハーン」のトートバッグ
「コールハーン」のバッグは、トート型でA 4 の書類が入る実用性はもちろん、ブランド名が主張するデザインでないところも好み。
「15年ほど前に購入したもので、クッション材と保存袋を使って収納しています」

 

「ナチュリラ」vol.44より
photo:花田 梢 text:日野晴未

Profile

Anne

アンヌ

14歳で渡仏、パリ第8 大学映画科卒業。国内外のショーやファッション誌、広告のモデルとして活躍。出産をきっかけに絵本の世界に魅了され、地域での読み聞かせボランティアとしても活動中。Webでは連載コラム「Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』」も。
https://hanakomama.jp/keywords/anne/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ