【“10年選手”の冬のもの】本瀬久美子さん vol.1

ナチュリラ
2019.01.30

大人になるほど、好きなテイストが固まってくるからでしょうか。できるだけ物を増やさず、本当に気に入った服や小物を大事に使い続けたい、と考える人が増えているようです。10年、20年以上、愛用できるアイテムを見つけるには、どうしたら? スタイリストの本瀬久美子さんに教えてもらいました。



クロゼットに残るのは
上質な素材、仕立てのいい
スタンダードアイテム


無類のベーシック好きで、ワードローブは流行りに左右されず、ずっと着続けられるものが中心だという本瀬さん。

_S6A9748
「ジョンストンズ」のストール
知人に「とにかくいいから、絶対1枚は持っておくべき!」とすすめられて購入。その暖かさと心地よさに虜になったというカシミアストール。
最初はベーシックなグレーを、2枚目は、タータンチェックをチョイス。
「柄物はあまり着ないのですが、ストールなら取り入れやすいと思って」


「職業柄、毎シーズン新しいものとの出会いもあるので、クロゼットが飽和状態になることもしばしば……。そのたびに『もう少し物を減らしたほうがよいのでは?』とも考えるのですが、気に入って買ったものはやっぱり手放せないんです。今は出番がなくても、またいつか、レギュラー選手に躍り出る日が来るんじゃないかと思ってしまって(笑)」


_S6A9737
「エーグル」の長靴
もともとはブーツがわりに購入した長靴。年を重ねた今は、普段履きよりも悪天候のときのお助け役。
「ラバーブーツはほかにも持っていますが、これがいちばんへたらず頑丈です」

 

→vol.2に続きます


「ナチュリラ」vol.44より
photo:花田 梢 text:坂本祥子

Profile

本瀬久美子

Kumiko Motose

女性誌を中心に活躍。シンプルでベーシックなスタイリングが人気で、スタンダードなアイテムにほどよくトレンドを取り入れた自身の着こなしも注目を集める。著書『基本の10着でつくる大人ベーシックスタイル』(大和書房刊)も発売中。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ