重ね方で着こなし自在!「ミシェル ボードアン」のロングシャツワンピース

おしゃれさんコーディネート
2019.02.05

【冬から春へとつなぐ服②】

島根県松江市でセレクトショップ「Daja」を営む板倉直子です。
今回は気温に応じたロング丈ワンピースの着こなし方をご紹介します。
インにコットンの黒いタートルを合わせ、コートやエプロン、ニットベストで変化をつけていきます。
今週は2月4日(月)から8日(金)まで5日間連続でお伝えいたします。


s-01
私が好きなアイテムの一つに、ロング丈のシャツワンピースがあります。
一枚で軽快に着るのはもう少し先のシーズン。
2月にはニットやコートを合わせ、重ね着を楽しみます。

 

s-02
よく店頭でお客様から質問されるのは、ロング丈のワンピースやスカートに合わせるコートの丈について。
ここ数年は丈の長いワンピースなどが人気で、そうするとこれまで着ていた膝丈のコートではバランスが取りにくいのかもしれませんね。
私はロング丈のアイテムには、同じくロング丈のコートを合わせることが多いです。

 

s-03

 

s-04
ロングコートを合わせるとワンピースがよりマニッシュに着こなせるような気がします。

 

s-05
同じワンピースにブラックリネンのエプロンをプラスして。
変化の付けにくいワンピースがまるでシャツのように見え、ガラッと印象が変わります。

 

s-06

 

s-07
日々の暮らしの中で「使うモノ」「着るモノ」としてご提案している<Dajaメゾンシリーズ>の「ニシカ」のサロンエプロン。
上質なベルギーリネン素材のエプロンは、こんな洋服のような使い方もお勧めです。

ワンピースは着こなしに変化をつけにくいアイテムですが、エプロンをコーディネートに取り入れるというアイデアは、企画の当初から思い描いていました。
エプロンなので耐久性もあり、手軽に取り入れられるのがミソ。
おしゃれエプロンスタイルとしてホームパーティや料理教室などに、時にはちょっとした外出にも着ていただきたいと思っています。

 

s-08
エプロンの合わせ目からワンピースが覗き、バックスタイルも新鮮に見せてくれます。

 

s-09
シャツワンピースにニットベストを合わせてトラディショナルに。
着こなしがピリッと引き締まる黒いニットベスト。
キチンとした感じも出るので、お仕事のときのコーディネートにも良さそうです。

 

s-10

 

s-11

 

s-12
春先にはセーターだと暑く感じることもありますが、そんな時にニットベストは重宝しますね。

 

s-13
重ね方次第で着こなしの印象が変わるシンプルなシャツワンピース。
組み合わせるアイテム次第で、気温に応じて温度調節も自在にできます。
シャツワンピースは、冬から春へとつないでくれるとても便利な一枚です。

・・・

コットンリネンダンガリー シャツワンピース
「michel beaudouin」
¥23,000+tax

コットンテレコタートル
「NOUVELLES DU PARADIS」
¥3,800+tax

モールスキン ショップコート
「HAND ROOM WOMEN’S」
¥35,000+tax

ベルギーリネン サロンエプロン
「nisica」
¥12,000+tax

Vネックベスト
「Sono」
¥13,000+tax

ウィングチップシューズ<BURWOOD WG>
「Church’s」
¥81,000+tax

Daja(ダジャ)
島根県松江市学園南2-12-5 HOYOパークサイドビル1F

http://allo-daja.com
11:00~19:00
定休日:火曜日

 

Profile

板倉直子

NAOKO ITAKURA

島根県松江市のセレクトショップ「Daja」ディレクター。トラディショナルをベースに自分らしい着こなしを提案している。著書に『大人のための かしこい衣服計画』(主婦と生活社)。この連載では、2月、4月、8月、10月に1週間特集として登場予定。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ