今、ほしいのは清涼感! 白のバランス vol.2

大人になったら、着たい服
2016.04.26

身につけるだけで凛とした気持ちになったり、カジュアルな着こなしに女性らしさが加わったり、顔映りを明るくしてくれたり……。歳を重ねたからこそ気になる“白”の取り入れ方を、おしゃれ上手な7名にうかがいました。

photo:和田直美 text:坂本祥子

 

vol.1はこちらから

 

White 70% 

シャツの内側からシックな色をのぞかせたり、ベージュでグラデーションをつけたり、“70%”くらいの見え方にすれば、白の分量が多めでも普段に取り入れやすいバランスに。

 

♯1

山下公子さん

「エミック・エティック」オーナー

 otona_DSC0031

白のロングシャツを

カーゴパンツでほどよくラフに

 「きっちりしすぎないように、カーゴパンツで少しニュアンスを持たせます」(山下さん)。ボタンはすべて留めずに、色の分量を調整。シャツ¥40,000/エミック・エティック そのほかはすべて山下さんの私物。

 

♯2

蓮井まきさん

「マメロン」デザイナー

 otona_DSC0040

ホワイトの無地Tシャツは

白~ベージュの自然なグラデをつけて

「シンプルですが、シルエットが秀逸なんです」(蓮井さん)。チノパンでほどよく色に変化をつけて白を生かして。「セン」Tシャツ¥4,800/キトイト ターバン¥7,130/ハリ そのほかはすべて蓮井さんの私物。

 

♯3

金井美幸さん

「ル・ピボット」プレス

otona_DSC0063

カシュクールシャツから

ほんの少し引き締め色をのぞかせて

 「オフ白のボトムでグラデをつけるときには、黒のインナーでバランスを整えます」(金井さん)。シャツ¥16,800、タンクトップ¥6,000、パンツ¥16,800/すべてル・ピボット そのほかはすべて金井さんの私物。

 

♯4

近藤千恵さん

「カンペール」プレス

 otona_DSC0112

やさしい風合いが引き立つ

リネン素材のワントーンコーデ

 袖の内側のフリルが女性らしさを添えるシャツ。「麻同士の春らしいトーンでまとめます」(近藤さん)。シャツ¥29,000、スカート¥36,000/ともにヴラス ブラム 目黒店 そのほかはすべて近藤さんの私物

 

『大人になったら、着たい服 2016春夏』より抜粋

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ