【教えて、かなさん! Vol.5】この春“使える”ワンピースの選び方

おしゃれさんコーディネート
2019.03.01


甘くなりがちなギャザーワンピースも、ちょうどいい大人カジュアル感!
「パステルカラーや暖色ではなく、濃いめのブルーを選んだのがポイントです」

s-_S6A9381
前開きギャザーワンピース9,800円
その他 私物


「上半身はややすっきりとしたシルエットなので、たっぷりとったウエストギャザーのふんわり感が際立ちます」

s-_S6A9419
前ボタンを開けて着ても、そのボリューム感が効いていて、かわいいですね。
「ドット柄のキュロットパンツを合わせて、少しレトロな女性らしさを楽しんでいます」

s-_S6A9314
前開きギャザーワンピース9,800円
インナーヘンリーTシャツ
4,600円
ポルカドットなキュロットパンツ8,900円
その他 私物

 

TYPE 3
重ねるだけでおしゃれ
“スパイスに使える”ワンピース

「毎年、少しずつ更新しながら着続けているのがキャミソールワンピース。この春は、フワッとなめらかな、シルク混素材のものにしました」とかなさん。
「リュックサックとスニーカーでスポーツミックスするのが、マイ定番な着こなしです」

s-_S6A9554
キャミソールワンピース7,900円
その他 私物


ともすると、ほっこりしすぎてしまうのがキャミソールワンピースの悩みどころですが……。
「色はシックな黒に。あと、華奢なストラップを選ぶと、大人の女性らしさが引き立ちます」

s-_S6A9665
なるほど! 丈の長さが調節できるアジャスターつきというのも便利ですね。

「あと、まとうだけで今年らしさが表現できる、深いスリットが入ったワンピースにも注目しています。デニムはもちろん、あらゆる丈のスカートともバランスがとりやすいし、今までにない着こなしが満喫できるので、これから出番が多くなりそう!」

s-_S6A9637
サイドスリットワンピース8,900円

カッティングジーンズ7,900円
その他 私物


サイドに施された細リボンも、おしゃれ心を満たしてくれるディテール。

s-_S6A9646
ところで、最後にはいていたデニムも、すごく使えそうですね!

s-_S6A9684
カッティングジーンズ7,900円


「そうなんです! 前だけ少し丈が短くて、絶妙な抜け感が作れるので、ロング丈のワンピースの下にはいても重たい印象にならないのが優秀で。今回ピックアップした6着のワンピースすべてに合わせているほどヘビロテ中です」

かなさん目線で選ばれた“使える”ワンピースは、私たちもすぐマネして着こなせそうなラインナップ! 参考にしながら、気分に合うものをぜひ取り入れてみて。

photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

BACK 1

2

avecmoi(アヴェクモワ)

TEL  0120-924-211(固定電話)
TEL  0570-024-211(携帯電話)
公式オンラインストア https://feli.jp/s/krashi_am190301/11/
公式インスタグラム @avecmoi_kana

Profile

佐藤かな

Kana Sato

明治学院大学フランス文学科卒業後、スタイリストの道へ。現在は、雑誌や広告のスタイリングを中心に、活躍中。自身の大人カジュアルな私服や、長年の趣味が高じて出版したソーイング本も大人気。2018年より、フランス語で“私と一緒に”を意味するブランド「avecmoi(アヴェクモワ)」のプロデュースを開始。リーズナブルでありながら、質のよさにこだわった“いま本当に着たい”服作りが、高い支持を集めている。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ