ラフさの中にも女性らしさを感じさせる「Laboratory (ラボラトリー)」 のアウター

おしゃれさんコーディネート
2019.03.17

吉祥寺「TONE(トーン)」の着こなし vol.3


こんにちは、東京・吉祥寺のセレクトショップ 「TONE(トーン)」です。3月は4回にわたり、おすすめアイテムとその着こなしをご紹介しています。

←vol.2はこちらから

s-3.3.a
実店舗でご好評をいただいている 「Laboratory (ラボラトリー)」。ワークウェア的な要素を含んだデザインディテールを持つウェアを多く展開していますが、ラフさの中にも女性が着ることで繊細さを感じさせるようなラインナップが魅力です。

s-3.3.b
3回目の今回ご紹介するのは、中厚地のリネンコットンノーカラージャケットと洗いざらしたようなコットン地が日常に馴染むロングマックコートの2アイテムです。

s-3.3.c
s-3.3.d
サイズ展開はどちらもフリーでロングコートは7号からフレキシブル。ジャケットは7号から11号くらいのサイズの方が着こなしやすいと思います。それぞれに合わせやすさがあり、みなさまご自分のお好みやライフスタイルによって選ばれています。

s-3.3.e
s-3.3.f
s-3.3.g
この2アイテムには薄手コットン地の総裏がついているのでちょっとした 防寒性があり、ロングマックコートは厳寒期以外の冬にも着用することができますよ。

s-3.3.h
s-3.3.i
ボトムスの着丈なども気にせず、またボリュームのあるトップスを着ていても気にせずにバサッと羽織れます。

存在感のある大きなポケットはデザインとしての可愛さがありますが、お財布や携帯などを入れてしまえる収納力なので手ぶらでちょっと近所へお出かけ、なんて時にも便利です。

s-3.3.j
ジャケットはアウターとしてはもちろん、室内で着たままでも堅苦しさのないアイテムに仕上がっていて軽快な印象です。

s-3.3.k
そして腰丈アウターはボトムスの長さ・形をあまり選ばないので着こなしの幅がとても広いです。

s-3.3.l
s-3.3.m
s-3.3.n
季節の境目が曖昧だったり気温に変化が起きやすかったり、不安定な気候環境ではいっそう出番の多くなりそうなコットンやリネンのアウター。スリーシーズンを共に過ごす相棒にいかがでしょうか。

 

「Laboratory (ラボラトリー)」
アノニマスノーカラージャケット ¥23,544
アノニマスロングマックコート ¥36,504

長谷川 / 157cm 7号
「TONE(トーン)」カディーサーキュラースカートグリーン ¥19,440

豊島 / 156cm 7号
「orslow (オアスロー)」フレンチワークパンツブルー ¥15,984

佐々木 / 160cm 9号
「TONE(トーン)」カディーサーキュラースカートロングライトピンク ¥21,600

*着用モデルの詳しい体型については連載初回でご紹介しています。

 

→その他の「TONE(トーン)」の着こなしはこちらから

TONE (トーン)

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-2 1F
tel:0422-23-2594
open:11:00~19:00 水曜定休
HP:http://tune-inc.com/
online shop:http://shop.tune-inc.com/
instagram:https://www.instagram.com/tone_kichijyoji/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ