色と素材とシルエット お気に入りをまとえば足取りも軽い 女優・モデル 山 葉子さん

ナチュリラ
2019.03.25


「春は、空気をはらむような軽やかな素材や、華やぎのあるパステルカラーを好んで着ます。気持ちも軽くなって、のびのびと動けるような気がするんです」と山さん。サラリとワンピース一枚で外に繰り出すのが、春のおしゃれの一番の醍醐味だといいます。

1

「フルーツ オブ ライフ」のミントグリーンのワンピースは、ほどよく透け感のあるコットンシルク素材。「歩くたびに風が通り抜けるような、着ていてすがすがしい気持ちになる一枚です」。白のペチコートをスリットからチラリとのぞかせ、実用とおしゃれを兼ねて。

 

2
「また、まとうだけで女性らしい気分になれるアイテムもはずせません」

その代表選手が、プリーツスカート。動くたびにひらひらと揺れる裾に、気分が上がるのだとか。

「家で過ごすときは、チュニックを重ねてゆるりとしたレイヤードにしたり、お出かけなら、シフォンブラウスでフェミニンに仕上げたり。シーンに合わせてコーディネートを楽しみます」

3
細かなギャザープリーツがフェミニンな印象のスカート。家では、ほんのり光沢のあるチュニックワンピースを重ねて、肩の力が抜けたスタイルに。

「動きやすさ重視にすると、時に女性らしさに欠けてしまうことも。"つや"と"揺れ"は即効性ありです(笑)」

 

「ナチュリラvol.45」より
photo:大森忠明 text:坂本祥子


→その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

Profile

山 葉子

Yoko Yama

10代で雑誌『Mc Sister』の専属モデルとしてデビュー。以来、モデル・女優として活躍。「溶解マールイ」名義で演劇ほか表現活動を行う。プライベートでは一児のママ。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ