日常着にも、しっくりなじむ 「リゼッタ」の手作りコサージュ

“おしゃれの名脇役”に会いに行く!
2016.06.17

名作と呼ばれる映画には、必ずといっていいほど実力派の脇役が存在するもの。それは、おしゃれも一緒です。一見何げないのに、実は丹念にこだわって作られたアイテムたちは、主役を引き立てるための十分な腕前を持ち合わせています。この連載では、そんな“おしゃれの名脇役”にスポットライトを当て、王道のものから隠れた逸品まで、幅広くリポートしていきます。

photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

 

まもなくやってくる7月29日は、東京・二子玉川にある「リゼッタ」のブティックがオープンして10周年という記念すべき日。今回は、9年前から職人さんの手で作り続けられているという、ロングセラーのコサージュにスポットを当てます。

otona_MG_1907

右奥から時計回りに「リゼッタ」コルサージュ・TSUBOMI¥7,200、マグノリア¥6,000、クロッカス¥7,200、アルパン¥12,500、フルール¥6,600

※以下、商品の価格は2016年6月現在のもので、表示は税抜きです。

なかには、花のイメージに合わせたボックスつきのものも。

otona_MG_1896

奥から時計回りに「リゼッタ」コルサージュ・フラワー(販売終了)、エーデルワイス¥4,200、ヴィオレット¥4,200

どれもこれも、ノスタルジックな中に洗練された雰囲気が漂うものばかり。最初に作ったものはこの中にありますか? デザイナーの平真実さんに伺いました。

「コサージュではあまり使われていない花がいいなと思い“エーデルワイス”に。大好きな映画『サウンド・オブ・ミュージック』の中で、エーデルワイスの花束をプレゼントするシーンがとても印象的だったので」

イメージソースになっているのは、1960~70年代のイヴ・サンローランのプレタポルテやジャン・ルノワールの映画、南フランスを旅しているときに出会ったスミレのお祭りなど、平さんが見て触れて感激したものがほとんど。

「私がデザインをして、職人さんが手作りしてくださるのですが、アイデアを伝えると『長年コサージュを作っているけど、この花で作るのは初めて!』『花をつぶした感じにするの? 本当に?』と驚かれることが多いです」と笑いながらエピソードを話す平さんからは、このコサージュに対する情熱と愛情を感じとることができます。

コサージュというと、お呼ばれ時に着飾るための小物として取り入れられることが多いですが、「リゼッタ」で展開しているものは、あらたまったシーンではもちろん、デイリーでも使えるものばかり。その理由を探ってみると……。

otona_MG_1916

ベロアとリネンなどの異素材を組み合わせることで、奥行きのある豊かな表情が。花びらを切りっぱなしにすると、ほどよい抜け感も生まれます。

otona_MG_1932

すみれの花びらの染色は、あえて色ムラをつけています。時を経て、日焼けしてしまったようなニュアンスにするためです。

otona_MG_1921

モクレンの茎の付け根部分には、このために作っているオリジナルパーツを。見えにくいところに施されたアンティークゴールドが、おしゃれ心をくすぐります。

otona_MG_1927

「デッドストックの小さなペップ(花芯)は、今ではなかなか見つからないのでとても貴重。なので、パリの蚤の市で見つけたときにまとめ買いしています」

このようにしてていねいに手をかけられたコサージュたちは、繊細で上品な佇まいで私たちの日常着に彩りを加えてくれます。

シンプルなブラウスの裾を少したくし上げてつけてみたり。

otona_MG_1889

「リゼッタ」コルサージュ・ローズ・ド・ノエル¥6,000、ブラウス¥21,000、パンツ¥20,000、帽子¥32,000

夏ならではの麦わら帽やかごバッグに添えてみたり。

otona_MG_1874

(左)「リゼッタ」コルサージュ・アルパン¥12,500、ハット¥32,000 

(右)「リゼッタ」コルサージュ・フラワー(販売終了)、バッグ(私物)

いつものボーダーカットソーが、フェミニンにシフトできたり。

otona_MG_1880

「リゼッタ」コルサージュ・ヴィオレット¥4,200、カットソー¥12,000

「使っているうちに生地の質感がこなれてきたり、端がホロホロとほつれてきたりするので、趣が増していく楽しみもあります」と話してくださったのは、PRの天野佑梨さん。身につけるだけで女性らしいおしゃれ心も育つコサージュ、おひとついかが?

リゼッタ 二子玉川店
TEL 03-3707-9130

公式サイト http://www.lisette.jp/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ