『雨の日、晴れ。』~おしゃれ暦vol.10~水無月

おしゃれさんコーディネート
2016.06.25

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第10回目です。本格的な梅雨に突入しましたね。雨の日でも少し気分を上げるために、おしゃれの力は有効です。

←vol.9はこちらから

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

1969年、アポロ11号が月面着陸を果たした当時のNASA の設備は、

現在のスマートフォン1台に、遠く及ばなかったそうだ。

スマホを持たないわたくしは使ったことがないのだが、

雨雲レーダーなるもので、雨が降るのか否か、すぐに分るようだ。

ものすごいスピードで進化したテクノロジーの裏で、

失ってゆくものもあるのだろうと、、最近は考える。

 

 

s-IMG_6944

 

朝、テレビをつけてニュースを見る。

今日は、雨が降るかもしれない。

その程度の情報を頭に入れて支度をする。

外に出て空を見上げ、雲の色合いと動きを見る。

湿気とともに、ムワッとした空気を肌が感じている。

もう降るとわかる。

 

s-IMG_7024

 

やっぱり降ってきた。

 

s-IMG_7010

 

少しニンマリする。

 

s-IMG_6987

 

梅雨の雨の日は、最高にじめじめする。

 

s-IMG_6983

 

だから、ズボンを履くことをためらって、

Tシャツの上にワンピースをかぶった。

 

s-IMG_7001

折り畳み傘にワンピースなら、

降り続いても、止んでも、どちらに転んでもいい。

 

s-IMG_6981

 

あ、晴れるかな?

 

s-IMG_7026

 

やっぱり晴れてきた。

 

s-IMG_7028

s-IMG_7030

 

折り畳みで正解だ。

 

s-IMG_7049

 

長靴も短い方で正解だ。

 

s-IMG_7038

 

雨上がりの風が心地いい。

 

 

s-IMG_7045

 

情報は、判断材料程度がちょうどいい。

洗脳されてはつまらない。

本来あるべき勘もどんどん鈍る。

少しの情報と勘に頼って、あとはかるく念じてみる。

 

「雨の日、晴れ。」

ジメジメした梅雨の雨の日も、少し楽しくなる。

 

 

 

ワンピース:FACTORY ¥15,000+tax

Tシャツ:TRAVAIL MANUEL ¥7,800+tax

傘:私物

長靴:私物

カバン:sonor オーダー品(私物)

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分

 045-482-4026

営業時間:11:0020:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ