「ardem su o(アーデムスーオー)」のかごバッグ ~copse(コプス)より vol.15~

今日のひとしな
2016.07.15

←お店の紹介はコチラから

 

企画展初日の昨日は、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました! かごとバックにあふれた店内で、人気筆頭だったのが「ardem su o」のバッグです。
 ardem su o3

ヤマモトさんとナカモトさんのお二人が手がけるバッグは、紅籐や帆布といった素材の組み合わせに特徴があります。ラフな素材なのに装いをエレガントに見せる絶妙のバランス感覚!

スニーカーはもちろん、サンダルやパンプスにも似合いそう。ジーンズでもこのバッグをプラスするだけで、おしゃれ度が格段に増す感じ。どれも肩の力の抜けたセンスが漂い、大人にこそ似合う洗練を備えています。

ardem su o5

聞けばお二人は、ファッションブランドで生地や洋服、靴のデザインを手がけた経験の持ち主だそう。どこか、リュクスな雰囲気さえ漂うバッグは、流行の先端で培った感性から生まれたものなのでしょう。

ardem su o4

「ardem su o」が目指すのは、トレンドではなく時代を超えた存在感。3年、5年後の姿をイメージするところからデザインをはじめ、時間を経るほどに味わい深く変化し、装う人に寄り添うバッグに仕上げたいと考えます。

ardem su o1

さらに「少ない素材で自分らしさをどれだけ表現できるか」を追求して、紅籐を編むところから縫製、皮革の加工まですべて二人で行います。ハンドメイド感とファッション性を両立しているのは、みずからの手で細部までこだわって仕上げるからなんですね。

黒いリネンも紅籐と合わせると大人のカジュアル感が生まれ涼やか。ひとつひとつ異なるフォルム感もユニークで、ひとつプラスするだけで夏の装いがセンスアップしますよ。

ardem su o2A

かごバッグ14,000円~(税抜)

copse(コプス)

器や日常着など、衣食住を提案する雑貨店。連載コラム執筆は、店主の小森知佳さん。
東京都練馬区石神井台3-24-39 ロイヤルコトブキ1F
TEL:03-6913-1544
E-mail:info@copse.biz
営業時間:11:30~17:30
定休日:月~水曜(企画展中は無休)
http://www.copse.biz

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ