「ON THE DISH(オンザディッシュ)」佐藤彩香さんのパン ~sahanji+(サハンジプラス)より vol.29~

今日のひとしな
2016.10.29

「ON THE DISH」の佐藤彩香さんとの出会いは、この連載でもご紹介した「ficel.」の宇野幸子さんと同じく、「海辺の秋市」というイベントの場でした。まだ店舗を構える前の彩香さんは「iya」という名前でパンを作り、ご縁あるイベントに出展されたり、横浜・馬車道の古いビル(今もなおそこでのあたたかな記憶に思いを馳せる方の多い)の秘密の小部屋「atelier 303」の空間で、月に一度パンを販売していました。

既に当時から、知る人ぞ知るそのパンを求めてお店にやってくるお客様も多く、なかなか買えないパンという噂が広まっていました。

s-0007
 「サハンジプラス」での企画展にて。「ON THE DISH」の軸となるlunch(イングリッシュマフィン)下段左とcotton(角食)上段右。

Processed with VSCOcam with f3 preset

 2010年の春、横浜・山手にある丘の上の一軒家に、彩香さんは「ON THE DISH」 の空間を作りました。初めてその隠れ家のような「ON THE DISH」の扉を開けた日の感動を、今でもはっきり覚えています。凛として美しい空間に、端正なパンが並び、静かであたたかな、木漏れ日の差し込むサンルームで頂く美味しいパンと料理……。隅々まで心が配られた空間とお料理に、心から感動したのです。そしてその感動は変わらず、今でも訪れる度に感じるのです。

毎週金、土曜にパンの販売と喫茶、更に通信販売と、お客さまが待ち望んでいた定期的な営業を始められた彩香さんのパンは、たちまち人気となり、お客さまのご要望と、ご自身のストイックで真面目な性格からどんどん自分を追い込んで製作をするようになりました。

彩香さんは当時を振り返り、1週間まるごとお店のことしか考えていなかった、と言います。こうしなくちゃ、もっとこうしたい、お客さまのご要望にも応えたい、という思いが次第に強くなっていき、ゆとりが全くなくなっていってしまったのだそうです。思い描いていた以上のペースに心も身体もついていけなくなってしまい、このままでは大好きなパン作りが嫌いになってしまう……「ON THE DISHI」の扉を閉めることになりかねない……。もう一度パン作りを始めた頃の初心に帰ろう。メニュー、製造方法、営業方法など、お店のあり方すべてにおいて、本当に心から良いと思ことだけに削ぎ落とそう、と考え始めました。

そして、もう後悔することはない、自分なりのベストを尽くしたと、とリセットすることを決意した矢先、彩香さんはお腹に赤ちゃんを授かったのです。そのタイミングで授かった命が、その後の「ON THE DISH」への大きな転機にもなっていきました。

s-0009
 妊娠、出産を経て、彩香さんは考え方がとてもシンプルに、やわらかくなっていくのを感じているそうです。
育児とパン作りの両立の中でやれることにはっきりと限りが見える中、自然と肩の力が抜けていき、初心の気持ちに立ち返ることができたのです。作りたいパンは自分が毎日食べたいと思うパン、健全な気持ちで人の身体の糧となるものを作っていきたいと。考え方がシンプルになったことで、一時はリセットしたいと思うほどに自分を追い込んでいたパン作りが、今はとても楽しい、と感じられるようになったのだそうです。

それはパンの味にも変化があるようで、お客さまからは「味がやさしくなったね」と言われるのだとか。きっと育児を通して得ている幸せの「気」が込められた、まあるい味のパンになっているのでしょうね。

ご出産後に訪れた「ON THE DISH」の空間も、もちろん、以前の凛とした空間はそのままに、彩香さんのやわらかい空気で満ちていて、ほかほかと幸せな気持ちになりました。

またこれからも何かの転機で変わっていくことがあるかもしれませんが、変わることを受け入れて楽しんでいきたいと。変化しながらそれでも、パン作りはおばあちゃんになっても続けていきたい、とお話をしてくださった彩香さん。そんな彩香さんのパンを私もおばあちゃんになっても食べていけたら幸だなぁ、と思うのです。

「サハンジプラス」では12月のgift展にて、「ON THE DISH」のシュトーレンを販売させて頂きます。感動のひとしなを、ぜひ一年の締めくくりのお供に。

 

←お店の紹介はこちらから

sahanji+(サハンジプラス)

2006年、お祖母様の暮らしていた一軒家を改装してオープン。器、道具、服など衣食住にまつわるものや、暮らしになじむオブジェなどが並ぶ。連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の河村奈穂さん。

静岡県静岡市清水区堂林2-9-5
TEL:054-353-1155
営業時間:13:00~17:00
不定休
http://www4.tokai.or.jp/sahanji-plus/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ