「MAN CHA(マンチャ)」のお茶 ~「OEUVRE(ウーヴル)」より vol.10~

今日のひとしな
2016.12.10

昨今ではスーパーフードとして栄養価を評価される日本の緑茶。そして紅茶、中国茶、ハーブティーなど、味や見た目は違えど、国を問わず癒し和ませてくれるお茶の存在があります。

_DSC0085

朝起きて白い湯気と共に体を温める1杯。飲み過ぎた後の体に沁みる1杯。旅先で歩き疲れ、部屋へ戻った時に癒してくれる1杯。美味しいお菓子と一緒に頂く最高の1杯……。大人になってからは特に、からだと心の中枢に、じーんと染み渡ります。

ある日お客様として来て頂いていたテイラーご夫妻に 「MAN CHA」を紹介して頂いてから、また新しいお茶の魅力をたのしんでいます。

IMG_1301

イギリス出身であるご主人の友人・サムとそのパートナー・ジェシーの2人で活動している「MAN CHA」は、イギリスのイーストロンドンマーケットから始まりました。今は香港を拠点に、一流の茶葉を求めるため生産者を訪ね(緑茶は福岡へ!)、アジアを旅しています。

そのお茶への情熱は、「Tea&Education」と題して行う教育支援に繋がっており、元教師であるサムとジェシーは、子どもたちへの教材や読み聞かせプログラムを提供しています。

IMG_1303
 

詳しい事を聞く前に、まずお茶の試飲をさせて頂いて、ビックリ。バランスのよい風味と香り。中国茶や台湾茶にはあまり詳しくない素人の私ですが、お茶は大好き。素直に「おいしい!」と感激しました。

_DSC0058

それからは、朝起きてから飲んだり、お店へも「サーモス」のボトルに入れて持って行ったり。肉料理の後などにも頂いていますが、2人の探し求めた茶葉たちはとても美しく、お茶を淹れ終わった後もじっと見とれてしまいます。

_DSC0036

日本では初めての販売となった「MAN CHA」のお茶を、お客様にまずは色々試して頂きたくて、小さなサンプルサイズのペーパーバッグに入ったさまざまなお茶をセットにしてもらいました。パッケージにもこだわっていて、お茶好きな方へのギフトにも最適です。

それから、近々「OEUVRE」でご紹介予定の台湾茶も。「MILKY OOLONG」という名前のとおり、香りはミルク、味はウーロン茶という、衝撃のおいしさを持つお気に入りのお茶です。私は牛乳が苦手で、ミルクティーがあまり得意でないのですが、これには一本とられた感じ。2015年に「グレートテイストアワード」を受賞した、不思議でクセになるお茶、ぜひお試し下さい :)

 

←お店の紹介はこちらから

OEUVRE(ウーヴル)

OEUVRE(ウーヴル)

国内外の雑貨や日用品、服、アクセサリーなどが並ぶセレクトショップ。連載「今日のひとしな」の執筆は店主の牟田絢加さん。

福岡県久留米市野中町1270
TEL:0942-33-0107
営業時間:12:00~17:00
休:月曜+不定休(2017年から変更予定。営業日はブログとインスタグラムで確認を)
https://oeuvre.stores.jp
http://store.persica.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ